自分の思いと相手の思い

先日

「寄り添う」

という事について書かれた記事を読んだ 

そこに書いてあった体験談の中に

ニンジンジュースが

「がんに効く」

という話を聞いて

胃がん患者のご主人に

毎日ニンジンジュースを 

飲ませ続けた 

という体験談が書いてあった

(-ω-)/

奥さんは

ご主人の病気を治したい

そんな気持ちで

毎日何本ものニンジンを

ミキサーにかけた

抗がん剤治療の副作用で

口内炎だらけになり

痛みで口を開けられなくなっても

奥さんは毎日

ニンジンジュースを

飲ませ続けたらしい

(・.・;)

ある夜

痩せて体力が落ちたご主人が

「いい加減にしてくれ」

と奥さんに向かって叫んだそうだ

その時にはじめて

自分が寄り添っていたつもりが

ご主人の方が自分の気持ちに

寄り添ってくれていたんだ

と理解したそうだ

( ゚Д゚)

(参考HP) AERA dot.
https://dot.asahi.com/aera/2021040600035.htm

私も

父が前立腺がんになった時

「がんに効く」

というお茶を購入して

送った事があった

(-_-)

当時の私は

がん=死

と言うイメージを持っていたから

「がんに効く」

というなら

飲んで治ってほしい

そんな気持ちだった

父は

少し苦笑いしながら

「ありがとう」

と言ってくれたが

実際飲んだかどうかわからない

( 一一)

患者に寄り添うって事

自分が病気になって

その意味がわかったよ

患者自身が

どうしたいか

その気持ちが

一番大事なんだよね

(^ω^)

家族や周りの方のサポートは

それが

できるようにしてあげる

余計な慰めの言葉をかけるより

黙って気持ちを聴いてあげる

それで十分な気がする

(*´꒳`*)

がん哲学外来の樋野先生は

患者の相談の中で

最も多いのが家族との関係

治療に関しての事も

患者と家族の思いにズレがある事が

よくあるそうだ

( ̄д ̄)

沈黙も「わからない」も愛

病院にお見舞いに行った時、言葉を交わし合う会話だけが大切なのではありません。
「意外に元気じゃない?」
「仕事のことなんて忘れていいからね」
など、沈黙に耐えられず、余計な言葉をかけるより、病室で30分、お茶でも飲みながらのんびり過ごす方が、患者さんは安らぎを感じるかもしれません。
なんて言っていいからわからないから行かない、ではなく、ただ側にいることが人を慰めることもあります。これが対話です。
言葉は魔物です。思ってもいない言葉で傷つけそうなときは黙る、そしてわからないものはわからないと言いましょう。

「人生を変える言葉の処方箋」より
いのちのことば社 樋野興夫

患者同士が気持ちを吐き出し

寄り添う場の

「がん哲学外来カフェ」

4月17日に

花野井バプテスト教会での

開催をお知らせしたが

コロナまん延防止等重点借置が

適用となったので

中止になってしまった

こんな時だからこそ

吐き出したい気持ちもあるのに

残念!

早く開催できる日がきますように

( `ー´)ノ

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/|日めくり|人生を変える言葉の処方箋[本/雑誌] (Forest) / 樋野興夫/著楽天で購入
50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です