二者択一

手術の日程が決まり マンモなどの検査結果をもとに先生から説明があった

まず良い知らせが二つあった

ひとつは胸骨の所と脇のリンパにあった複数の小さな腫瘍が 無くなっていたという事

それから 当初は全摘しかないと思っていたが 腫瘍が小さくなり部分切除ができる可能性もでてきた

術前のCTやMRIの検査でもう一度確認をして 問題がなければ温存する事も可能

ドセタキセルは私にはイマイチな感じだったけれど 抗がん剤は効いていたらしい

手術は脇のリンパ節と左胸の腫瘍の2か所を取る手術となる

さて問題は全摘か温存か・・・

翌週の診察の時に 全ての検査結果をもとに結論を出す事になった

有り難い事に全摘をした友人と温存した友人が1人ずついたので それぞれにその時の様子をLINEで聞いてみた

友人Aさん(全摘)

  • 腫瘍が複数あったため部分切除は該当しなかった
  • また手術するのはしんどいと思ったので、再建はしていない
  • 胸の空いた服はもともと着ないし、 困るのは温泉とかに入る時くらい
  • 5年でも10年でもいいから、子ども達がもう少し育つまで生きていたいという気持ちが強くて、不安要素はきっぱり取りたかった
  • おっぱい部分がまるっとなくなるので、術後はしずくパットを愛用。(現在しずくパットは製造されていない)

友人Bさん(温存)

  • 部分切除のみで結果良好だったので、5日間の入院ですんだ。
  • 全摘の場合は放射線治療はないと言われたが、 温存にしたので放射線治療が必要となった。
  • 放射線治療の副作用として100人に1人という確率で起こる間質性肺炎になってしまい、 1ヶ月入院し完治まで2年かかってしまった。

その他ネットでも調べてみた

ナグモクリニックのサイトより抜粋

乳がんは、回りの健康な組織まで大きく取り除く事によって生存率を向上させると長年信じられてきたが、近年はどちらも生存率は変わらない事があきらかになった。また、温存より全摘の方が安全と思われていたが、生存率は変わらない事が証明された。温存術後に局所再発して全摘した場合も、生存率は初めから全摘した場合と同じ。

そして診察の日 CTやMRIの検査の結果 部分切除は問題なしと告げられた

5年生存率はどちらも変わらないなら 温存の道を選ぼうと思って先生に話をしたら

トリプルネガティブの場合は 遺伝の可能性もあり再発するリスクは高いと言われた

それなら全摘の方が安心ですかと聞いたら

全摘したからと言って再発しないとは限らないと言われた

何と意地悪な言い方だ! 決断できないじゃない!

でも医者はいろんな場合を想定し伝え その結果をもとに自分で決断しなきゃならない

頭がこんがらがってきた (?_?)

どっちにしたらいい?

決断できず困っていたら返事は入院前日でもよい言われた

また宿題?

答えが出せなかったので診察室を出た

続いて看護外来があった

先生の説明に補足をしたり 患者の不安な気持ちを補うために看護師さんと話をする

どうしたらよいかわからない不安な気持ちを 看護師さんに話してみた

涙が溢れてきた

自分の体を自分で決めなければならない

果たしてその決断が正しくできるのかどうか不安でたまらなかった

看護師さんは 私の不安な気持ちを受け止めてくれて いろんな人の例をあげてくれた

生存率は同じでも不安が残るから全摘を選ぶ人

生存率は変わらないならと温存を選ぶ人

術後の放射線治療に毎日通う事ができないから全摘を選ぶ人

温存したかったのに全摘しか選べなかった人

再発するかもしれないと言っても胸とは限らないという事

そっか! もう一度胸にくるとは限らないんだ!

温存したくてもできない人もいる中 私は温存を選ぶ事が可能になったという事は・・・

ピコーンと頭の中に自分の答えが見えたような気がした

そして 話を聞いているうちに 温存した友人Bさんに 現在の気持ちを確認してみたくなった

看護師さんとの話が終わって BさんにLINEをしてみた

『全摘と部分切除とどちらがよかったと思う?』

ズバリ聞いてみた

有り難い事にすぐに返事がきた

『当時の私は部分切除を希望したけれど、その後の放射線による間質性肺炎が辛かったから、今なら全摘を希望するかも』

私の場合はリンパに転移があるので どちらにしても放射線治療は免れない

『間質性肺炎の事以外で全摘がよかったと思う事はある?』

もう一度聞いてみた

『それ以外はないな』

それを聞いて私の心は決まった

先程の看護師さんを見つけて声をかけた

「温存にすると先生に伝えて下さい」

言葉にしたとたん肩の荷がスーッとおりた

たかが胸だけど

拘っていないつもりが拘っていた事に気が付いた

経験談を話してくれた友人Aさん Bさんに感謝!

ありがとう💜

  にほんブログ村

↑ランキングに参加中! ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link/?id=2047383 

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

8 Thoughts on “全摘か温存か・・・”

  • 毎日暑いですね。いつもブログ拝見しています。お医者さんとのやり取りが眼に浮かぶようです。選択することは難しいと思いますが、自分で選ぶことは後悔しないための第一歩。きっと良い結果に繋がっていくのだと思います。お互いにハッピーな結果を引き寄せましょう。ではまた。

  • 現実と自分の気持ちに正直に向き合う時間の濃さに感服します。向き合うことはマストなんだとは思いますが、ご病気になられる前から心がけていたことなどあるのでしょうか?

  • 私はクリスチャンなので、何か決断をしなきゃならない時は神様に相談します。神様からのメッセージは直接イメージとして自分の中に閃く事もありますが、誰かを反してメッセージを下さる時もあります。クリスチャンでなくても腑に落ちるという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。今回も友人や看護師さんを通して私に答えを導かせて下さいました。この答えが今後どうなるのかはわかりません。でも再発や生存率〇%を気にするより、答えを出して腑に落ちたという感覚が私にとって良かった事なんだと思います。答えが見つからない時は力を抜いて回りを見渡すとあちこちにヒントが落ちています。それを拾い集めると道が見えてきます。

  • 誰もが必ずいつか人生の最後の時を迎えます。その時にどれだけ充実した人生を送れたと思えるか、病気になってその事を考える時間を頂けました。そしてたった今、この返信を書いているこの時に、それが私の選択基準だと気が付きました。山野辺さん、気が付かせてくれてありがとうございます。既にハッピーな結果を引き寄せられました。(*^^)v

  • 拾い集めるって宝探しみたいですね。
    オープンマインド、ピースオブマインドで幸せのかけらに気づきたいと思います。
    大切なことばをありがとうございます😊🙏💓

  • ジクソーパズルのピースのように、ひとつひとつはよくわからなくても、拾い集めて繋いでみると大きな絵が完成します。私も自分の人生の大きな絵を完成させるためにピースを拾い集めています。まだまだ完成できませんが・・・(*^-^*)

  • 生きるとは『選択すること』の連続ですものね。毎日小さなことですが選択し続けているんですね。大きな決断が必要になった時、自分を静観できるように今から訓練していかなきゃと気付かせていただきました。

  • 時々自分の人生を振り返ってみて、あの時違う道を選んでいたらどうなったかなと思う事もありますが、最終的にたどり着く所はみな同じ。人間は生まれた時から死へのゴールに向かって歩いているわけですから・・・ ならどちらの道がワクワクするか、充実感を得られるか、そのためにはどうしたらいいのか。判断に迷った時は考えてみてくださいね。私は今なんとなくわかってきたところです。お互いに人生を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です