凍結療法

進行が遅い乳がんに対しては

がん細胞を凍らせて破壊する

冷凍アブレーション(凍結療法)

と呼ばれる治療法が

有効である可能性が

米国乳腺外科学会で

報告されたそうだ (-ω-)/

(参考HP) @DIMEアットダイム
https://dime.jp/genre/1142051/

その冷凍アブレーションとは

なんぞや?

好奇心の虫がうずき始めたので

調べてみた (p_-)

冷凍アブレーションは

骨や腎臓や前立腺などの

がんの治療では

既に確立された治療法の一つ

乳がんで行われる

冷凍アブレーション=凍結療法は

海外では1985年に

初めて行われた報告があり

アメリカで1990年代後半から

良性のしこりに対して

行われているそうだ ( ゚Д゚)

日本では2006年から

千葉県の鴨川市にある

亀田総合病院が試み始め

一部の病院でも

臨床試験として行われているらしい

(^ω^)

しかし

現在はまだ

臨床試験的に行っている治療であり

治療費も健康保険では

認められていないので

自費診療となる

(-_-;)

凍結療法はメスを使わず

直径2.7mm 長さ11cmの針で

がん組織に刺しその先から

アルゴンガスとヘリウムガスを

順次送り込み

急速に冷やしてがん細胞を

凍らせたり融かしたりして

がん組織を破壊する (゜-゜)

治療時間は

40分~50分程度で

入院せずに

外来で受ける事ができ

歯科治療で受けるような

局所麻酔で行い

出血もほとんどなく

傷跡も蚊に刺された程度だそうだ

(*^_^*)

この治療ができるのは

  • 組織診断検査で浸潤性乳管癌と診断されている。
  • サブタイプ診断にてホルモン受容体陽性、HER2タンパク発現陰性、かつKi-67が20%未満と診断されている(ルミナルAと分類されるタイプ)
  • エコー、CT、MRIで乳癌が単発病変で、かつ病変の広がりが1.5㎝以下の乳癌病変である。
  • センチリンパ節が陰性と診断されている。
  • センチリンパ節生検および冷凍療法後の放射線治療が可能である。
  • 十分な説明の後、書面にてインフォームドコンセントが得られた患者さんである。

このような初期で

悪性度野低い

ルミナルAの方が該当する

(・∀・)

非手術的療法には

この他にも

「ラジオ波焼灼療法」や

超音波を集中的に浴びせる

「集束超音波治療」や

特殊なレーザーでがんを焼き切る

「レーザー治療」があるが

高温でがん細胞を焼き殺すよりも

急速に極度の低温状態にする方が

より確実に

がん細胞を破壊することが

できるのだそうだ

しかし現時点は

どれもまだ

保険適用外の自費診療

(>_<)

(参考HP)
がんプラス
https://cancer.qlife.jp/breast/breast_feature/article152.html

聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科
https://www.marianna-u.ac.jp/breast/00_backnumber/pdf/20180918_02.pdf

このように手術ではなく

がん細胞を

安全に取り除ける

方法が確立され

保険適用となる日がくればいいね

(*´Д`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中!ポチッとお願いします m(__)m

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/li

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です