治療の記録

先日

東京都立駒込病院名誉院長

佐々木常雄医師の記事を読んだ

そこには

医療提携手帳

の事が書かれていた

(-ω-)/

(参考HP) 日経ゲンダイ
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/276268?page=3

医療提携手帳って?

それは

がん患者が

手術や専門的な治療を行った後

その病院の担当医師が

発行してくれるもので

がん治療の詳細や今後の治療計画を

一冊の手帳に

まとめたものだそうだ

(^-^)

がん患者が

他の医療機関を受診する時

この手帳を持参すれば

今までの治療が分かるし

新たな治療も

書き込む事ができるので

患者の治療経過を共有でき

より適切な診療が

可能となるらしい

要するに

お薬手帳のようなもの (*^^*)

これがあれば

別の医療機関に診てもらう時に

今までの自分の病歴を

いちいち言わなくてもいいし

伝え間違いもないし

がんとは違う病気だと思っていても

それが

繋がりのあるものかもしれないので

医者も治療のヒントになる事が

できるかもしれないよね

(*^▽^*)

しかし

医療提携手帳は

どこでも貰えるものではなく

個々の自治体によって違ってくる

そして

病院や主治医によっても

手帳を活用したりしなかったりするので

意外と知られていないらしい

(;一_一)

関東では東京・神奈川・埼玉の

病院で取り扱っていると聞いたので

それぞれの地域に住んでいる

治療がひと段落した乳がん友に

手帳を持っているか確認してみた

(‘ω’)ノ

そしたら

神奈川のがん友は

持っていない

埼玉のがん友も

持っていない

でも東京のがん友は

手帳を持っていたよ ヽ(^o^)丿

それぞれの地域から

1名ずつしか聞いていないから

統計にはならないが

やはり知名度はあまりないみたい

(^_^;)

東京のがん友が

医療提携手帳の写真を送ってくれた

乳がん患者は

10年先までの治療が

書き込めるようになっている

( ゚Д゚)

彼女は

乳がんがわかった時に

この手帳を大学病院でもらい

乳がんの他にも

病気を抱えているので

この手帳が

とても役に立っているそうだ

(^ω^)

医療提携手帳について
●東京都 
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/chiryou/critical_path.html

●神奈川県 
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/ganntaisaku/ganchiryou/critical-path.html

●埼玉県
https://www.saitama-pho.jp/saitama-cc/renke/info.html

ちなみに私が住んでいる

千葉県は手帳無し

念のため

千葉県の健康福祉部に

電話してみたが

病院同士の地域連携パスはあるが

患者に渡す

手帳はないとの事

あると便利なのにね

(;^ω^)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します


乳がんランキング

↑こちらもついでにポチッとお願します

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

2 Thoughts on “医療連携手帳”

  • これは便利で心強い制度ですね。
    私は昨年10年に及ぶ治療が終了いたしましたが 渡されませんでした。
    これから普及していくのかも。
    乳がんは全身的な身体の不具合(私はがんと並行して高血圧やコレステロールの治療も始まりました) と関係している部分もあるので 時系列で総合的な記録は必要ですね。

  • ジャスミンさん、コメントありがとうございます。
    医療提携手帳、あるといいですよね。なぜ浸透しないのでしょうね。お薬手帳のようにどこでも使えるとよいのにと私は思います。
    (*´꒳`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です