ラテックスの手袋

先日

最後のドセタキセル投入が終わった

という

ブロ友さんからの報告を受けた

(・ω・)ノ

彼女は

AC療法の後ドセタキセルという

私と同じ流れの

抗がん剤治療だった

(-ω-)/

ドセタキセルやパクリタキセルなどの

タキサン系の抗がん剤は

副作用のひとつとして

爪が黒ずんだり剥がれたり

変化が出やすい

この副作用を軽減するために

手足を冷却するという方法があり

冷却グローブなどを

用意している病院も

あるそうだ

( ゚Д゚)

(参考HP) 国立がんセンター中央病院
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/nursing/power/010/090/index.html

しかし

私の病院では

そのような準備がされておらず

冷却するとよいという事を

治療後に知ったので

何も

対処はしなかった

( 一一)

そのためか

爪に縦の黒線が入ったり

爪が真っ黒になって

ポロリと取れたりした

私の場合は

ドセタキセルだけではなく

その後の

ゼロ―ダの影響もあるけれど

今でも

手の親指爪はうっすら縦線が残り

足の爪は

凹凸がありボコボコ

( ̄д ̄)

彼女は

ドセタキセルの治療が始まる前に

「ACの治療と違う事はありますか?」

看護師さんに尋ねたそうだ

そしたら

ラテックスの手袋を

自分のサイズよりワンサイズ下を

二重にしてつける事を

勧められたらしい

(‘ω’)ノ

彼女の手はMサイズなので

Sを買ってみてはめてみたら

まだ余裕があったので

SSサイズにして

治療の30分前後

二重にはめて使用したそうだ

(゚Д゚)ノ

ただし

締めすぎはあまりよくないので

手を握ったり開いたりと

グーパー運動を繰り返していたらしい

(^ω^)

実はこのような検証を

2016年から

京都大医学部付属病院などのグループが

行っていたそうだ

手術に用いられるゴム製グローブを

乳がん患者が

抗がん剤を投与する前後30分間に

装着したところ

抗がん剤が局部に届きにくくなり

中等度以上の発症を

約3分の1に

抑制できることを

確認したそうだ

(*^^*)

そして

この結果をもとに

新たに開発した

弾性グローブとストッキングを用いての

臨床研究が始まったそうだ

2027年ごろまでに

京大病院を含む全国12施設で実施し

その後

他のがんへの効果も検証するらしい

(^-^)

(参考HP) 京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/597738

そして最後の

ドセタキセルの治療が終わった

彼女の爪は?

(゜o゜)

綺麗だ~

本人曰く

多少凸凹があるらしいが

爪の黒ずみは出ていない

ラテックスの手袋なら

持ち運びも軽いし

便利だよね

(*^-^*)

ラテックスの手袋には

粉付きと粉無しの

パウダーフリーがあるらしく

パウダーフリーの場合は

汗ではめにくかったりするので

その場合は

ハンドクリームを塗ってから

使用するとよいそうだ

(^^)

タキサン系の抗がん剤治療をされる方

ぜひ

試してみてね

(^o^)/

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m


50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。