がん友の体験談

先日のイベントで知り合った

60代男性のがんサバイバー

の方から聞いた話

(‘ω’)ノ

彼は10年前に

甲状腺がんを発症

3年後には

悪性リンパ腫となったが

甲状腺がんの転移ではなく

新たにできたがん (-.-)

その頃に

病院の患者会に行ってみたが

薬の話ばかりで

心のケアはしてくれなかった

心の隙間を

埋めてくれるものを探し求め

ネットでがん哲学外来の事を知り

がんカフェに行ってみたそうだ

(^ω^)

そこで心に響いたのが

樋野先生の言葉の処方箋

「病気になっても病人ではない」

彼はその言葉通り様々な所に出向いて

ボランティア活動を行っている

(*^^*)

最初にボランティアを体験したのは

カトリック教会での

炊き出しボランティア

彼はクリスチャンではないが

甲状腺がんを発症した後

友人に誘われて行ったらしい

こんな自分でも誰かの役に立っている

そう思うと嬉しかったそうだ

それが彼の原動力の一部となり

その後も

様々なボランティアに参加した

(*´ω`*)

しかし

悪性リンパ腫から3年後

今度は甲状腺がんの

遠隔転移による肺がん

(゚Д゚;)

毎週金曜日が

カトリック教会での

炊き出しボランティア日だったが

その翌日に入院し

肺の一部を取り除く手術を行った

( ̄д ̄)

手術が終わりICUにいた時

麻酔から覚めた彼の枕元に

お婆さんがニッコリ笑って座っていた

彼はその後

またウトウト眠ってしまい

目が覚めた時に看護師さんに

「枕元にいたお婆さんは誰ですか?」

と聞いたら

「ここはICUだから誰も入ってこれませんよ」

と言われたらしい

あれは誰? (;’∀’)

不思議な事に

その出来事の後

体調はみるみる回復し

術後三日目に抜糸

6日めには退院

そして翌日の金曜日は

何事もなかったように

教会のボランティア活動に

出かけたそうだ (;^ω^)

しかもその後

がんは体から消え

2年前から

経過観察となっている

嘘のような

本当の話 ( `ー´)ノ

彼の話を聞いて

私はクリスチャンだから

神様が役目を彼に与えたんだ

と思ったね

まだやる事が残っているんだ

きっと

(*´▽`*)

そんな彼から闘病中の方へ

メッセージをもらったよ (^o^)/

「今は、頑張るという言葉を使うのに慎重な方も多いけれど、健常者よりちょっと多くのエネルギーを使う事が求められている患者さんには、敬意を持って頑張るという言葉を贈ります」

彼は本当に明るく楽しい方

一緒に

ドキュメンタリ―映画イベントの

お手伝いをしながら

たくさんの笑顔を頂いた

そんな彼の姿を見て

樋野先生の言葉が頭に浮かんだ

(*^_^*)

「犠牲を払って他人のために何かをする」

病気は一夜にして治す事はできませんが、風貌は一夜にして変える事ができます。
これまでずっと怒っていた人でも、次の日から笑顔になる事ができます。
病気は治っていなくても、心の状態を変えれば、風貌は一夜で一変します。
「病気で苦しんでいるのに、明るい顔なんてできない」
確かにそうかもしれません。そこで先ほどの「犠牲」です。
相手のために、これまで自分がやってきた行動を少しだけストップしてみる。
相手のために、自分の時間をほんの少し使ってみる。
ずっと暗い顔をしていたとしたら、少しだけ明るく微笑みかけてみる。
相手の事を想う言葉をかけてみる。(中略)

あなたが微笑めば、相手も微笑む。あなたが笑えば、相手も笑う。

出典「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」より
幻冬舎 樋野興夫

書き終えた原稿を

チェックしてもらったら

「読み返してみたら、自分自身にも頑張って!と言い続けてきた気がする。後はよい仲間に恵まれたかな」

そんな風に言っていたよ 

(^◇^)

先輩! 

私も後に続かせて頂きます!

( ̄^ ̄)ゞ

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51036BFF-2898-47C1-8055-D5CEA2A810F6-678x1024.jpeg

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい[本/雑誌] / 樋野興夫/著楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です