人間の治療にも役立つ発見

昨日

びっくりするニュース見つけた

クジラの

がんを抑制する独自の進化の証拠は

人間のがん治療の研究にも

役立つ可能性がある

というニュースだ

(゜o゜)

「がん」という病気は

細胞分裂時の

コピーエラーによって発生をする

このため

細胞分裂の機会が増えれば

その分がんになるリスクも

増加することになるそうだ

( ゚Д゚)

そうなると

細胞数の多い体の大きな生き物ほど

がんのリスクが高くなるので

人間より大きいクジラは

がんの発生率が高いはず

しかし実のところ

どの動物もサイズに関わらず

がんになる確率は

ほぼ変わらないそうだ

この生物学的な矛盾は

「ピートのパラドックス」

と呼ばれていて完全な答えは

今の所まだ解らないらしい

(-ω-)/

クジラががんにならない理由を

明らかにする為

クジラの遺伝子調査が行われた

その結果

クジラ類が他の哺乳類と比較して

特定のがん抑制遺伝子

「TSG」の

代謝回転率が

2.4倍も高くなっている

という事がわかったそうだ

代謝回転率が高いというのは

進化の速度と関連しているらしい

(・ω・)ノ

研究チームは更に

クジラと人間を含む15種類の哺乳類の

遺伝子を解析し調査した

その結果研究チームは

クジラの複製された

71のがん抑制遺伝子を特定し

このうち11個が

より長い寿命と強く相関している

という事実を突き止めたそうだ

(”ω”)ノ

特定された遺伝子の1つは

「CXCR2」

と呼ばれるもので

免疫機能

DNA損傷

腫瘍の広がりを

調節する機能を持っているらしい

この発見を利用すれば

人間の健康や長寿にも

役立てることができると

考えられるらしい

(^ω^)

この研究は

クジラの遺伝子を人間に取り込んで

がん耐性のある人間を造ろう

とかそういう話ではなく

今回発見された

がん抑制遺伝子をもっと良く研究し

それが果たしている

役割や機能の仕方を理解することで

いずれ人間の

がん治療薬の制作に役立てられる

かもしれないという事らしい

(参考HP) ナゾロジー
https://share.smartnews.com/GJB7

クジラは地球で最大の生き物で

非常に長寿

なんと

100年以上の寿命を持つ種があり

ホッキョククジラの平均寿命は

200歳を超えるらしい

そこまで生きたいとは思わないけど

この研究が

がんの治療に役立てたらよいね

(*´Д`)

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

定形外郵便)発送方法選択の際はメール便をご選択ください 興和 コーワ ドクターネイル ディープセラム3.3mL(発送方法を宅配便ご選択の場合は宅配便(宅配便送料)にて発送いたします)楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です