ストレスとの付き合い方

がんの病気の事を調べていると

時々

サイコオンコロジー

という言葉を耳にする👂

サイコオンコロジーとは

「こころ」

の研究をおこなう心理学(サイコロジー)

「がん」

の研究をする腫瘍学(オンコロジー)

組み合わせた造語で

「精神腫瘍学」と訳され

1980年代に確立した新しい学問だそうだ

(-ω-)/

そして

以前にもブログで紹介した

精神腫瘍科で

行われている治療法である

まだ数は少ないみたいだが

私が通っている病院には

精神腫瘍科が

設立されている (‘ω’)ノ

がん患者やその家族が抱える

心の悩みに応じる専門家の

精神科医や心療内科医

心理士や看護師やソーシャルワーカー

の方々と

患者の主治医がチーム体制で

患者だけではなく

その家族の支援もしてくれるそうだ

(^ω^)

家族の誰かが

「がん」

と宣告されると本人もだが

その家族の方にも不安な気持ちになる

ストレスを感じたり

不安で不眠になったり

気持ちが落ち込んだり

そんな時は心の中を

吐き出す事が必要だ

( `ー´)ノ

私の場合は

ブログや知り合ったがん友達に

気持ちを吐き出しているから

あまり必要はないけれど

そんな場がない人達にとっては

必要かもしれないね

(*^^*)

特に今はコロナ禍で

病院の患者会や

がん哲学外来カフェや

人が集まる事はできなくなっているから

ストレスが溜まっている人も

いるかもね

(-“-)

そのストレスと

上手く付き合う方法が

サイコオンコロジー学会の

サイトに載っていたので紹介するね 

(^o^)/

「ストレスと上手く付き合う」
ストレスは悪い面ばかりではありません。ストレスの研究者ハンス・セリエ博士によると、ストレスは「人生のスパイス」です。つまり、ストレスという適度なスパイスがあるからこそ、私たちは人生をより料理でき、自分を向上させながら生きていけるのです。たとえば、「疲れ」というストレスを感じなければ、働きすぎて体を壊してしまいます。また、「悔しさ」を感じなければ努力することもできません。「不安」を感じなければ、どんどん危険な道にすすんでいくかもしれません。ストレスをコントロールする上では、「ストレスをなくす」のではなく、「ストレスと上手く付き合う」ことが大切なのです。

(参考HP)日本サイコロジー学会
https://support.jpos-society.org/about/

がん患者でなくても

コロナ禍の緊急事態宣言は

思うように動けないし

会いたい人にも会えないし

ストレスがたまるよね

上手にストレスを解放して

時を待とうね (*^_^*)

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

エマーキット EMAKED 2ml 1本 箱入り エマーキッド まつげ/まゆげ用美容液 普通郵便のみ送料無料 16種の有効成分配合まつ毛美容液楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です