乳がんの種類

自分が乳がんになるまで みな同じ症状で同じ治療だと思っていた

でも いろんな種類があり それぞれによって治療法が異なる

まずは大きく分けて 非浸潤がんと浸潤がんの2種類

1.非浸潤がん

がん細胞が乳管や乳腺小葉に留まっている早期のがん

この時に発見できれば超ラッキー! 手術で切除すれば100%治す事ができる!

2.浸潤がん

乳管や乳腺小葉の周囲まで広がっているがん

さらに 乳がん細胞が持つ遺伝子の特徴で 主に5つのサブタイプに分類される

これが先生が言っていた顔つき (‘ω’)

①ルミナルAタイプ

ホルモン受容体陽性、HER2陰性、乳がん患者の60%がこのタイプ。がんが増えるスピードが遅いという特徴があり、薬物治療はホルモン療法が中心。

②ルミナルBタイプ

ホルモン受容体陽性、HER2陰性、がんの増殖能力が速い。薬物治療はホルモン療法と抗がん剤を使用。

③HER2陰性タイプ

ホルモン受容体陰性、HER2陰性、がんの増殖能力が速い。薬物治療は抗がん剤治療、抗HER2療法。

④HER2陽性タイプ

ホルモン受容体陽性、HER2陽性。 薬物治療はホルモン療法、抗がん剤治療抗HER2療法。

⑤トリプルネガティブ

ホエストロゲン、プロゲステロンの2つのホルモン受容体が陰性。HER2も陰性。がんの増殖能力が速い。薬物治療は抗がん剤。若年性乳がん遺伝性の乳がんがこのタイプに多い。

そして 癌の進行度合いのステージ0~4によって治療方針が決まってくる

それから 乳がんは女性だけではなく 男性にも起こるらしい (◎_◎;)

男性の乳房は女性よりも小さく膨らみもないが 女性と同じ乳腺が少しだけあるので乳がんになる事があるという

乳がん患者の1% 100人に1人という少ない人数ではあるが 男性諸君もご用心!

女性の乳がん患者は30歳代から増え始め50歳代がピークとなる

私はもれなくピークに入ってしまったらしい・・・

乳がんは初期であれば100%治る

自分で見つける事もできる

セルフチエックは大事!

そして定期検診も!

皆さん 忘れずに行ってくださいね (^^)/

 にほんブログ村

↑ランキングに参加中! ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link/?id=2047383

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

2 Thoughts on “乳がんとは?”

  • 医学的なことは調べれば調べるほど難しくて(言葉の意味すら分からなかったり)、結果、医師の言うがままになり、自分で考えられなくなりそうですね。とても分かりやすいです。

  • 同じ病気でもそれぞれ治療法は異なり、自分で選択する事もできます。医者は患者の意見を尊重しながら、治療法を提案していく。自分の命は自分で守らなきゃ。そのためにも病気の知識は必要だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です