と聞くと まず誰もが死という言葉が浮かぶ

私もそうだった

自分の命はあとどれくらい?

余命宣告を受けたわけでもないのに

残りの時間が気になる

病気の事を調べると5年生存率〇〇% 10年生存率が〇〇%と出てくる

私はその生存率の中に入れるのだろうか

入れなかったらと考えると・・・

昔は癌の告知は家族だけ 本人には知らせない

そんな事が当たり前だった

今は簡単に「癌です」と本人に告知される

「風邪です」とか言われるみたいに・・・

でも それだけ不治の病ではなくなってきたという事

医療は日々進歩している

癌になったからと言って 癌で死ぬとは限らない

先の事はわからない

なら 不安な気持ちのまま過ごすのはやめよう

やりたい事をやってみよう

人生の時間は限りがある

それは誰にとっても同じ

ぶっといベルトで腹をくくった

癌=死ではない!

にほんブログ村 

↑ランキングに参加中! ポチッとお願します

 こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link/?id=2047383

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

4 Thoughts on “癌=死ではない!”

  • はじめまして。ブログ拝見しました。私も同じタイプの乳ガンで、6月末から治療に入りました。いろいろ考えてしまいがちですが、無理せず、がまんせず、自分中心に、前向きに、お互いに立派なガンサバイバーになりましょう。

  • ありがとうございます。同じタイプの乳がんの方からのコメント大変心強いです。いろいろと不安な事もあると思いますが、病気はある意味、神様からの大きなギフトでもあります。今まで知らなかった新しい世界も見れて視野も広がります。悪いことばかりではないですよ。一緒にがんサバイバーとしてenjoyしましょうね。

  • その太いベルトを巻いた肚からの言葉。簡単に出た訳ではない、力強い言葉。必要としている人に届けと願います!

  • 医療は日に日に進歩していますからね。がんのイメージを払拭するためにも宣言いたします。周りにがんにかかっている方やそのご家族の方がいましたら、是非言ってあげてください。癌=死ではない! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です