がん友師匠

病気になってから

がん友がたくさんできた

ブログで知り合った方や

がんカフェで知り合った方や

もともと友人だった人達や

今までの交友関係の他に

思ってもみなかった

繋がりができた

(*^^*)

その中で私が

がん友師匠と呼んでいる

サバイバー先輩がいる

彼は60代の男性

10年前に

甲状腺がんを患い

その3年後には

悪性リンパ腫

その3年後には

甲状腺がんからの

転移で

肺がんとなってしまった

(-ω-)/

でも今は

体の中のがんが消えて

2年前から

経過観察となっている

その様子は

以前ブログでご紹介しましたが・・

(‘ω’)ノ

師匠は

病気になる前

声を使う仕事をしていた

だけど

甲状腺がんの手術により

声帯が傷ついてしまい

声が出にくくなってしまった

そのため

仕事ができなくなり

落ち込んで

自宅に籠って臥せってた

そんな時友人が

修道院のシスターを連れてきた

(^ω^)

こんな自分を

憐れんでくれると思ったら

「寝ていないで修道院にいらっしゃい。あなたより困っている人は沢山います。」

いきなりそんな事を言われ

びっくりしたそうだ

(゜o゜)

あまりにも腹が立ち

「なら行ってやろう。どんな困っているやつがいるんだ」

そう思って行ってみたら

いきなり

エプロンを渡され

炊き出しの

手伝いをさせられた

( ̄д ̄)

でもそこには

寝る場所も無く

食べ物も無く

身寄りもなく

自分よりも

困っている人がたくさんいた

( ゚Д゚)

それから師匠の

ボランティア活動が始まった

師匠は

クリスチャンではないが

そこでの経験は

彼の人生を大きく変える分岐点

となり

その後の病気も見事に

乗り越えていった

( `ー´)ノ

その師匠が

3か月前

一緒にボランティア活動をしている

仲間が

体調不良と聞いて

家に行ってみたら

顔の左半分が化膿していて

目がどこにあるかわからないくらい

グチャグチャだったそうだ

その方は

50代の男性で

家族はいなくて

一人暮らし

(;’∀’)

すぐに救急車を呼んで

病院に搬送してもらったが

皮膚がんで

進行がとても早く

珍しい症例だったとの事

その後大学病院に転送となり

入院をして治療を行った

(”ω”)ノ

師匠は家族の代わりに

彼の様子を常に心配していた

そして

搬送から3週間後

まぶたの輪郭がわかるくらいに

腫瘍が小さくなり

光を当てるとかすかに

わかるようになったと

医師から

説明を受けた

(^-^)

その様子を

なぜか間違えて

私のLINEに連絡してきた

でも

搬送された仲間の事は

聞いていたので

私はホッとしたんだけどね

きっと師匠は

嬉しくて宛先を間違えるくらい

興奮していたのかな

(^_^;)

そして

今週その仲間が

無事に退院したそうだ

左目の回復は厳しいけど

「生きていてくれてありがとう」

師匠は私のLINEに送ってきた

だから私もね

会った事はないけど

「生きていてくれてありがとう」

と送り返した

(*^^*)

以前

「なぜボランティア活動をしているのか」

と尋ねたら

「こんな自分でも役に立つ事ができるのが嬉しい」

と言っていた

(*´ω`)

樋野先生の著書の中に

こんな言葉が書いてある

(‘ω’)ノ

人生に夢や希望をもてないようなら、自分より困っている人を探しに行ったらいい。
マイナス×マイナスはプラス。
本当に苦しんでいる人が、苦しいにもかかわらず、頑張っている姿に人は感動を覚えます。
もっと強く生きていこうと勇気づけられます。
同時に自分はまだまだと痛感させれます。

「明日この世を去るとしても、今日の花に水をやりなさい」より
樋野興夫 幻冬舎 

人は

人と触れ合うことで

慰められ

パワーをもらえる

そして

そのパワーが広がっていく

だれでも

人にパワーを与える事ができる

あなたもね

(*´ω`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です