がん哲学外来市民学会

昨日と今日の

2日間に渡って

がん哲学外来市民学会

コーディネーター養成講座に

参加した

(-ω-)/

コーディネーター養成講座は

年に1回開催され

毎年開催地が変わる

去年はコロナ禍となり

開催することができなかった

そして

今年は群馬で行われ

初のオンライン開催となった

(^ω^)

この講座を3回受講し

カフェへの参加レポート提出や

小論文提出などの要件を満たし

がん哲学外来市民学会で認められれば

市民学会認定コーディネーターの

資格が得られる

( `ー´)ノ

がん哲学外来カフェには

多様性が認められているが

「がん哲学外来」としての

共通の規範も必要

そのための

コーディネーター養成講座

(^’^)

資格がなくても

カフェを開催する事は

できるんだけどね

どうせなら

資格がほしいなと思って

参加してみた

(・ω・)ノ

今年のテーマは

「人生の邂逅に観る不連続の連続性」

邂逅

難しい言葉だが

要するに

思いがけず出会う事

私とがん哲学外来との出会いも

思いがけずの出会い (^_^;)

がん哲学外来の考え方の根本には

樋野先生が感銘を受けた1人

内村鑑三の考え方が関わっている

なのでまずは

内村鑑三の紹介 (‘ω’)ノ

そして

患者のサポートをする団体の方や

大学病院の教授や医師達が

それぞれの立場から

テーマに沿った講義をされた

(^-^)

また

開催地の群馬県にある

カフェの様子や

群馬交響楽団の演奏など

開催地ならではの

プログラムもあった (*^^*)

その他

グループに分かれての話し合いでは

それぞれのカフェの様子や

これから始めたいという方々の

有意義な情報交換の場となった

(*´Д`)

会の最後には

「言葉の処方箋」

ドキュメンタリー映画の

野澤監督や樋野先生

出演者の方との

座談会もあった (^.^)

皆さんにもシェアしたい

為になる話が

たくさんあったけれど

それは追々

ご紹介していききますね

(*^▽^*)

この2日間

長時間椅子に座って

Zoomの講義を聞いていたので

お尻が痛い

学生の気分になった感じ

(;^ω^)

でも

私が学生の頃は

いかに

起きているふりをして寝るか

という事が課題でしたが・・・・

(;´∀`)

年1回の開催の養成講座だから

私が申請可能となるのは

3年後

先は長いね

(>_<)

そうそう

今月の

花野井メディカルカルカフェは

6月19日(土) 14時~16時

ZOOMにての開催

申し込み先はこちら☟

https://forms.gle/6H5XWeXbTHNpSn437

心の中に溜まっているものを

スッキリさせて

前に進もう!

よかったら

お手伝いいたしますよ

(^_-)-☆

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です