手術の翌日①

翌朝6時過ぎ

看護師さんが点滴を外しに来てくれた

体に付いているのはドレーンのみとなった

ドレーンは 手術の後に溜まってくる水分や血液やリンパ液を 体外に排出する大事な役割を持っている

首から下げられるように 可愛らしいポシェットに入れてくれた

さて そろそろ朝ごはんかな?

ママ友劇団仲間が 朝の6時半からLINEで一緒にご飯の心配をしてくれた

7時

まだ来ない (^_^;)

7時半

まだ来ない (-_-;)

8時

まだ来ない (T_T)

8時10分

やっときた! \(^o^)/

絶食の後のご飯だからおかゆかなと思ったら ちゃんとした食事

完食!

麻酔の吐き気も収まり 食事は美味しい

朝の回診

検温 血圧 

全て問題なし!

手術跡の確認 

傷口問題なし! 

ドレーンの量 色確認 

こちらも問題なし!

一人でトイレに歩いて行けるようにもなった

傷の痛みはあるけれど鎮痛剤飲めば気にならない

順調 順調!

腕は?

  • リンパ切除の場合 腕にしびれやむくみが出るので重いもの持つのは禁止
  • リンパ浮腫になりやすいので 自分でマッサージをする事
  • 今と同じくらいには腕は上がらなくなるので リハビリが必要

と言われていた

入院前の診察の時に どのくらいまでしか上がらないのかと内科の主治医に尋ねたら

腕を45度くらいの角度に差し出した

「えっ! それくらいしか上がらないのですか?」

と驚いて聞きなおすと

「リハビリすればもう少し上がりますが、元には戻れません」

かなりショックだった

ピアノ弾けるかな?

腕を上げて弾く事はないけど・・・

なので 試してみた

恐る恐る 腕を上げてみた

なんだ 全然大丈夫じゃない!

喜んだのもつかの間 よく見てみたら腕を直角に曲げて手を上げていた

これじゃダメじゃん!

問題は腕を伸ばして上に上げられるかだ

もう一度試してみた

45度の角度まではOK

もうちょっと上げてみると

イタタタ 脇の皮が引っ張られる感じ

仕方ない リハビリに励もう (>_<)

斜め前のベットの方

そろそろ手術室へ向かうらしい

今がチャンス!

自分のベットから降りて近づいた

「頑張って!」

ガッツポーズをしながら声をかけた

彼女は笑顔で返してくれた

よかった声がかけられた

今日の目標達成!

昼食は

肉うどん

これがなかなか美味しかった

私が入院中に食べた食事で 美味しかった料理NO1に輝いた品

もちろん完食!

夕方

虹が出た

病室からは見えなかったけれど 友人達が次々に写真を送ってきてくれた

有り難い!

幸せな気持ちになった♡

虹はノアの箱舟の洪水の後に 神様がもう人類を滅ぼさないと約束してくれた印

このコロナ禍の状態が早く過ぎて平和が戻りますように

送られた虹の写真を見ながら祈った ♰

にほんブログ村

↑ランキングに参加中! ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link/?id=2047383 

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

4 Thoughts on “気分は上々”

  • 初めまして。体調はいかがでしょうか?
    体験記をありがとうございます。色々と参考になり、家族で拝見させて頂いています。
    65歳の母が市の検診で99%乳がんと言われ、明日正式に結果が出ます。母は、もう覚悟は出来てるからと気丈に振る舞っていますが、心の内を考えると娘の私の方が耐えられなく毎日泣いています。だめですね、強くならないと。
    どうか乳がんに負けず頑張ってください!!応援しています!!

  • コメントありがとうございます。お母様の事心配ですね。でも見つかったという事はよかった事なんですよ。見つからないまま病状が進んでしまう事の方が怖いですから・・・ 乳がんは癌の中でも完治しやすい癌とも言われています。癌の宣告は辛いですが病気は悪いことばかりでもありません。病気によっていろんな事を考えるきっかけをもらい、今まで出会わなかった人達とも繋がり自分の世界も広がっていきます。お母様の病気の事で貴方自身の考え方や生き方もきっと変わっていくと思いますよ。その事をわからせてもらったよいチャンスと捉えてみてください。でも、辛いときは泣くのも大切。私もしんどい時はひと泣きしてから前に進んでいます。心に溜めないで吐き出すと気持ちが楽になりますので、またよかったらコメントくださいね。心から祈ってます。

  • 「元には戻れない」なぜ断定できるのだろう… そんなことはないです。なぜなら、両胸と腋窩リンパの手術をした友人は、現在、以前と何ら変わらない可動域で腕を動かせます。痛みなどでリハビリを継続しきれないことが多く術前のように動かなくなる人が多いとしても、その医師の目の届く範囲では「戻れない」としても、医師の言葉を重さを思うと、断じて断定すべきではない!と怒りさえ感じます。

  • 「元には戻れない」と言われたのはショックですが、きっとその先生は医学的な事で言ったのだと思います。脇からリンパを取って縫い合わせたらやはり今までと皮の長さが違うので、同じようには上がりにくくなります。でも今は思っていたよりも上がっているし、しびれはあるけど日常生活は何とかなるし・・・ 患者に関しての言葉のかけ方はまだまだ学んでいただく必要がありますね。代わりに怒って頂きありがとうございます(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です