手術の日

AM7:30

「おはようございます」

看護師さんの声で目を覚ます

気分は爽快 久しぶりに熟睡できた感じ 

薬の力は凄い!

顔を洗って手術着に着替える

AM8:00

点滴が始まった

手術を受けるのは初めて 

ちょっと緊張してきた (>_<)

付き添いの夫が病室に来てくれた

AM8:30

ドラマでは ストレッチャーに乗せられて手術室へ行き 家族の人はその前で祈りながら待つという感じ

でも私の場合は 点滴をカラカラ転がしながら 自分の足で歩いて手術室まで行った

家族の者は家族待合室で待ち 手術が終わったら呼び出し器で知らされる

夫は 手術室の受付手前のドアまで来てくれて 握手をして別れた

ドアの向こうには 椅子が置いてあり 受付開始まで座って待つよう言われた

私だけと思っていたら 次々に手術をする患者さんが入ってきた

「今日は手術がいっぱいあるみたいですね」

隣に座っていた年配の女性が声をかけてきた

「何かのアトラクションを待っているみたいですね」

私も声をかけた

これから何が始まるのかというこのドキドキ感

正に スペースマウンテンに乗るような感じ!(^_^;)

AM9:00

受付で担当の看護師さんが手術室の番号札をもらい スタッフと患者さんと一緒に手術室へ向かう

私の番になった

手術室に入ると 台の上に横になるよう指示された

看護師さん達が手際よく 私に酸素マスクをつける

「大きく息をすってください」

と言われ何度か深呼吸をした後は・・・

PM12:00頃

手術の時間は3時間くらい

その後リカバリー室にて1時間半くらい麻酔から覚めるのを待つ

朦朧とした意識の中で

「終わりましたよ」

の声が聞こえた

でもまた意識が遠のいていく

心電図の音が聞こえ 話し声も聞こえた

だんだん意識がはっきりしてきて 状況がわかってきた

体はいろんな機械に繋がれていた

ふくらはぎにはマッサージ機 鼻には酸素の管  腕には点滴  心電図 ドレーン

私の意識が戻ったのを確認した看護師さんが「大丈夫ですか?」と声をかけた

喉がとても痛かったので訴えたら かなりのハスキーボイスになっていた

「手術中に人工呼吸器に繋がれていたからですよ。次第に痛みがなくなりますからね」との事

なるほど! 

このイガイガはチューブが入っていたからなのね

胸は痛くないが喉が痛い

お迎えの看護師さんが来るまでしばらく待っていた

PM2:00頃

病室に戻ってきた

流石に帰りは歩いてではなく ベットに乗せられたまま移動

病室に戻ったら最初にやりたい事があった

それがコレ

友人達のLINEに自ら配信

まさか自撮りして近況報告をするとは思っていないでしょ? ( ̄▽ ̄)V

PM3:00頃

酸素の管が抜かれ トイレに行く練習

術後だからと言って寝たきりにはさせない

まずは自分の足でトイレに行くのが最初の課題

有り難いスパルタだ!

ベットからおりて看護師さんと一緒に歩く

やはり術後だけあって体はフラフラする

吐き気もする 吐くほどではないが・・・

全身麻酔の影響らしい

PM6:00頃

やっと水を飲む許可が頂けた

水がこんなに美味しいとは・・・

特に飲みたいという訳ではなかったが 飲んではダメ!と言われると飲みたくなるのが心情

ストローも用意するよう言われたが コップでグイっと飲んじゃった

廊下からガタガタと配膳の準備の音が聞こえ始めた

でも 今日の私の夕食はコレ

一日中点滴を頂いているが 味もしなければお腹もいっぱいにならない

お腹すいた~ (+_+)

PM10:00

消灯時間

向かいの入口側のベットの患者さん 明日が手術らしい

看護師さんと話をしているのを聞いて気が付いた

そういえば リハビリのビデオを一緒に見た方の声と同じだ

同じ病室だったんだ (゜o゜)

きっと不安な夜を過ごしているだろうな

昨夜の私みたいに・・・

声をかけたかったが カーテンが閉められているので開けるわけにもいかず・・・

明日声をかけてみよう!

そう思いながら眼を閉じた

ぐぅ~

お腹がなった

朝ごはん何かな?

にほんブログ村

↑ランキングに参加中! ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link/?id=2047383 

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

2 Thoughts on “初めての体験”

  • 術後、トイレへ行くために起き上がる際、手術による傷の痛みは無かったのでしょうか? 私は開腹手術の経験がありますが、術後 起き上がる際は傷口が開くような強い痛みに簡単には起き上がれませんでした。看護師さんがベッドの足元にある柵に紐を付けてくださり、それをたぐることで、やっとの思いで起き上がれました。「ゆっくりでいいですよ。待ってます。でも絶対起きてもらいますからね」ほんと看護師さんはスパルタですね^ ^

  • 手術による傷の痛みはもちろんありましたよ。でも、最初に起きあがった時は傷の痛みよりもフラフラする感じがしました。2回目の時はゆっくりだけど点滴を杖代わりに一人で歩けたので、看護師さんにもう大丈夫みたいですねと言われ、次からは一人で行っていました。本来じっとしていられない性格なので、その後は痛いな~と思いながらも売店までおやつを買いにフラフラ出歩いていました(;^ω^) だんだん動きも戻ってくるので、スパルタだと思うかもしれませんが、問題がなければ早いうちに動く方が回復が早い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です