中島ナオさん

deleteCとは

誰もが参加できて

みんなでがんの治療研究を

応援していける仕組み

発案者は中島ナオさん

(*´꒳`*)

ナオさんは

2014年31歳で乳がんを罹患

ステージ3C

ところが2016年に

ステージ4となってしまった

(゚Д゚;)

でもナオさんは治療中に

東京学芸大学大学院修了

そして

自らの経験を通じて

抗がん剤で

髪が抜けた方にも

楽しんで帽子を被ってもらえるようにと

「がんをデザインする」

事に取り組み

2017年に会社を設立された

中島ナオさんプロフィール
https://naonakajima.com/

私は

抗がん剤で髪の毛が抜け始めた頃

SNSで彼女の作った帽子を見た

色鮮やかで

気持ちが晴れる素敵な作品

残念ながら

私にはその帽子を被っていく

シチュエーションは思い浮かばず

購入はしなかったが

作品を見ているだけで

彼女の優しさと逞しさが伝わり

パワーを頂けた

(*^▽^*)

ナオさんの逞しさは

それだけではない

「みんなの力で、がんを治せる病気にする」

という

「deleteC」

プロジェクトを

起ち上げたのだ ( `ー´)ノ

彼女が目指したのは

生活の中で自然に応援できる社会

さまざまな企業や著名アーティスト

日本を代表するアスリートなどにも

協力を呼びかけ

Cの文字を消したロゴを作り

それを購入すると

寄付に繋がったり

写真

ラグビー観戦を通じて

会場に募金箱を設置したり

応援グッズの売り上げの一部が

がん治療研究の為の

寄付金となったり

SNSなどでも

呼びかける企画をしたり

誰もが気軽にアクションする事で

がんの研究に

貢献できる企画を

仲間と共に次から次へと考えて

実現させてきた(^ω^)

(参考HP) deleteC
https://www.delete-c.com/

そんな中で今朝

ナオさんの訃報を知った

家族に見守られながら

4月20日 38年の生涯を閉じた

(-.-)

どんなに

無念な思いだっただろう

もっともっと

やりたい事は沢山あったはず

生前語っていたナオさんの言葉が

胸にずっしりとくる

「くらいものをあかるく、おもいものをかるく、かたいものをやわらかく」

(-ω-)/

彼女が始めた事は

単なる他人事ではなく

私達がん患者にとっても

この先

病気になるかもしれない

方々にとっても

とても意義のある事

( ̄д ̄)

昨日のニュースで

がん患者の生存率があがった

と伝えられていた

10年前と今とでは

あきらかに

治療法も薬も変わってきている

がんは

治る病気になりつつある

きっと

10年後はもっと もっと

医療が発達している事だろう

(‘ω’)

ナオさんのご冥福を

心から祈ります

ありがとうございました

m(__)m

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

【週間 楽天ランク1位獲得】【医療用帽子 春夏秋用】オーガニック ガーゼ サマーニットキャップ【オーガニック100%】メール便なら送料無料 メンズレディース 日本製 就寝用 医療帽子 抗がん剤 脱毛 手術後用 ケア帽子 薄毛隠し 白髪隠し がん帽子 癌 ガン コットン楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です