主治医との良い関係を保つために

がん患者が悩む

主治医とのコミュニケーション

どのように接したらよいか

悩む人も多いようだ (´・ω・)?

以前にもブログで書いたが

相性の合う良い医者に

最初から出会えればよいけれど

なかなかそういう訳にはいかない

そんな時にどのようにして

関係を良くしたらよいのか

(-“-)

私の経験から思う事は

まずは謙虚な心

医師の言う事は

専門用語を使ったりで

さっぱりわからない事もある

私も最初の頃は

知らない外国語を聞いている感じ

解らない事は解ったふりをせずに

素直にその場で聞く

「よく解らないので教えてください」

と・・・

(-ω-)/

忙しいそうで悪いとか思わず

ちゃんと聞いたほうがよい

それでも解らない時はメモをして

家に帰ってから調べてみる

そうしていると医師の言う事が

解読できるようになる

(‘ω’)ノ

治療法については

「全てお任せします」ではなく

メリットやデメリットを

ちゃんと聞いておく

自分の体の事だからね

もしその場で決断できなければ

一旦持ち帰って検討する

でもよいと思う

その方が冷静になれるからね

(^ω^)

私も

部分切除か全摘か迷った時

ギリギリまで

決断を待ってもらった

その間に

メリットとデメリットを

頭に入れて

自分はどうしたいのか

考えてみた

そして最後に

自分の納得する答えを

見つけられた

( `ー´)ノ

それから次の診察の時に

聞きたい事を予めメモしておく

方がよいよ

私の場合

何が聞きたかったのか

診察時に忘れてしまう事が

よくあったので

思いついた時に

確認する事を

携帯のメモに入れておいた

メモは短く端的に

(・ω・)ノ

そして

感謝の気持ちを伝える事も大事

一緒にがんの治療をしてくれる

頼もしい相棒だから

自分にはできない事を

医師がやってくれる

有り難いよね (*^^*)

女性医療ジャーナリストの

増田美加さんが

「患者力」について語っている

必要なことは

.医師とのコミュニケーション力を上げる事
2.少しでも自分の病気と治療の正しい知識をもつ

なかでも医師との

コミュニケーション力

を上げることが

患者力の大きなポイント

となるらしい

( ゚Д゚)

増田美加さんは

自分も乳がんを体験し

患者力について

自分が経験した事を本に書いている

(*^。^*)

そして実際に

「あそこで別の道を選んでいたら、命を落とさずにすんだかもしれない」

「もう少し先まで、命の時間を延ばせていたかもしれない」

という人を何人も見てきたそうだ

また逆に

がんが再発して

若くして命を落とした人でも

患者力

を発揮して

笑って天国にいった人も

間近で見ているらしい

(参考HP) LIVINGくらしナビ
https://mrs.living.jp/k_life/article/177789

先日

その患者力を発揮して

医者との関係がよくなったという

隊員からの報告があった

彼女は

乳がんサバイバー歴7年

現在は3か月ごとに検診

(‘Д’)

前回の検診の時

ちょとした行き違いから

今まで良かった主治医との関係が

気まずい雰囲気

となってしまったらしい

先日の検診では挽回すべく

1日遅れのバレンタインチョコ

を渡して

日ごろの感謝の気持ちを

伝えたそうだ

その結果

主治医は喜んでくれて

以前のように

良好な関係に戻れたらしい

ヽ(^o^)丿

私の場合も

クリスマスプレゼント作戦で

ちょっと距離が縮まった

でも

プレゼントすればよい訳ではなく

大変な思いを分かってくれている

という気持ちが相手に伝わると

距離感が縮まるよね

(*´Д`)

医師も一人の人間

忙してくて

イライラする事もあるだろう

そんな時に

たいした事がない質問をしたりすると

なんでそんな事を言うのか

という気持ちになるのかもしれない

経験を積んだ医師は

くだらない質問でも

患者の不安を取り除くために

受け止めてくれるかもしれないが

全部の医師がそうとは限らない

だからこそ

患者力を発揮せねばならないのだな

と私は思うよ

患者力を磨こう!

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

(定形外郵便)発送方法選択の際はメール便をご選択ください 興和 コーワ ドクターネイル ディープセラム3.3mL(発送方法を宅配便ご選択の場合は宅配便(宅配便送料)にて発送いたします)楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

2 Thoughts on “患者力”

  • 私は、診察時間にシビアに話すような出来事がないので、世間話もします。お医者さんライフの忙しい毎日についても、ちらっと話を向けて聞いてきます。で、距離を縮めてる感じです。ちょっと患者としてはどうかとも思いますが。

  • 世間話で距離を縮めるのは良いですね。
    山ちゃんの主治医は若いから、我々が患者力を発揮して育てていかないとね。
    患者の気持ちを分かってもらえる医者に・・・
    そんな医者が増えて欲しいな(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です