子ども達への思い

先日

江原啓之さんが

がんで余命宣告を受けている

シングルマザーの悩み相談に

解答している記事を読んだ 👀

相談者は40代の女性

高校生のお子さんがいて

入院中は

お母さんの兄弟の家で

お世話になっているとの事

ご主人とはずいぶん前に

離婚しており

子どもの事が心残りで

子どもに何を伝え

どのように心を

整理していけばよいのか

と質問されていた (-ω-)

その解答に

とても共感できたのでご紹介

(‘ω’)ノ

(参考HP) 女性自身
https://jisin.jp/life/living/1940092/

私の場合

有り難い事に

まだ

余命宣告されている状態ではないが

いつどうなるのかわからない

という

時限爆弾をかかえている状態

でもそれは

がん患者ではなくても

同じ事だと思う

だって

命の時間は

自分ではわからないから

(ー_ー)

がん哲学外来の樋野先生は

こんな風に言っている

死ぬのは確実、いつ死ぬかは確率

そもそも私達の「命」は、今生きているこの瞬間だけのもの。
誰にも期限を決めらることなどできないはずです。
生きている間、命は続いていくものです。

(出典)「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」より
順天堂大学名誉教授 樋野興夫

私がブログを始めたのは

子ども達へのメッセージ

も含まれている

文字として残しておけば

同じような状況となった時に

私がどのように考えて

どのように考えて乗り切って

生きていたか

母親としてだけではなく

人生の先輩としてのアドバイス

になればと思っている

(^ω^)

脳転移となってしまった隊員

彼女には小学6年生の娘がいる

友達のように何でも

話をしてきたと言っていた

母親が急変した状況も

しっかりと受け止めて頑張っている

( ̄д ̄)

お母さんの状態が急変した後

一度電話で話をした 📞

明るい声で受け答えしてくれた

そんな娘を残して逝けない

と言っていた彼女は

現在も人工呼吸機をつけて

会話ができない状態だが

必死で頑張っている ( `ー´)ノ

戻っておいで

まだやり残したことはあるから

毎日祈っている ♰

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

【日本語説明書付き】パルスオキシメーター 血中酸素濃度計 SPO2 測定器 脈拍計 酸素飽和度 心拍計 指脈拍 指先 酸素濃度計 高性能楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です