再確認したら

一昨日書いた記事の中で

ガンマナイフは

自由診療

と書いてしまったが

保険適応となっているらしい

そんなの知っていたよ (-ω-)

という方もいらっしゃるかと

確認不足でした (;’∀’)

こそっと書き加えました

ごめんちゃい m(__)m

鹿児島の

オンコロジークリニックでは

植松稔医師が

ガンマナイフを更に発展させ

独自に開発した

スーパーフォーカルユニット

という装置を使用しているらしい

(´・ω・)

この装置では

四次元ピンポイント照射療法

が可能となり

よりピンポイントに

がん細胞を取り除く事ができる

ただし

自由診療となるので

高額な費用が必要 💴

2007.07.02 日経ビジネス特別版
「がんの診断と治療」より
https://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/PET/colinter/cure/009.html

通常のガンマナイフは

三次元ピンポイント照射

1968年にスウェーデンの

脳神経外科医

レクセル教授によって

開発された放射線治療装置

(‘ω’)ノ

1990年に

日本で初めてのガンマナイフが

治験機として東京大学に導入

その後改良がなされ

1996年より

保険が適用となった(*^_^*)

検査費用などをあわせて

約60万円程度かかるが

健康保険の適応となっているので

自己負担額は

3割負担だと約20万円

高額療養費制度の利用も可能

(^^)

(参考HP)日本ガンマナイフ学会
「治療費について」
http://www.gamma-knife.jp/gammaknife/expence.html

でも

どこの病院にも

置いてあるわけではない

(>_<)

なぜ私が

ガンマナイフを調べているか

と言うと

脳転移してしまった

隊員の事が頭にあるから・・・

彼女は今このような

治療を受けているはず

( `ー´)ノ

彼女が入院している病院を調べたら

昨年

放射線科がリニューアルし

新しい機械を導入したらしい

そこに

定位放射線治療の機械

が導入と書いてあった

(^ω^)

定位放射線治療は

がんに対してすべての方向から

腫瘍に集中させて放射線を投与

そのため

がんへの放射線集中性は

格段に向上する

定位放射線治療で

用いる放射線としては

ガンマ線・X線・粒子線等があり

コバルトから出るガンマ線を用いた

ガンマナイフによる治療成績が

多数報告されているらしい

(*^-^*)

(参考HP)日本ガンマナイフ学会
「定位放射線治療」
http://www.gamma-knife.jp/radiotherapy/stereotacticradiotherapy.html

だいじょうぶ

きっとよくなる

絶対

よくなる!

にほんブログ

↑ランキングに参加中! ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

【MARKS&WEB マークス&ウェブ】ハーバルバスソルト(ゼラニウム マンダリン ローズマリー ペパーミント カモミール ラベンダー)6種類 240g 入浴料【マークスアンドウェブ】楽天で購入

 

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です