超音波検査

先日

我が家の黒猫チェロが

突発性膀胱炎と診断され

かかりつけ医で

エコーを撮った時

一緒に診察室に入り

その様子を見ていた

( ゚Д゚)

猫の場合は

ゼリーではなく

アルコールで患部を拭いて

機械を当てて

検査をしていた

(゜_゜)

チェロの場合はね

肝臓に

石みたいのが映し出されていた

今回の病気とは関係ないけれど

要観察となった

( ̄д ̄)

今はすっかり

元気になったチェロだが

先週は

ドキドキだったよね

(>_<)

実は私も

手術した方の胸に

米粒くらいのポッチンが気になって

術後2年目の

超音波検査を行った

(-ω-)/

薄暗い部屋の

細長いベットに横たわり

担当の検査技師が画像を見ている

同じ場所を何度も確認しながら

画像の写真を撮っている

(・_・;)

シーンと静まり返っている部屋で

写真を撮る

「カシャ」

という音だけが

響き渡る

(;’∀’)

何が見えるのか

見えないのか

その表情を

下から

こそっと眺めていた

(゜_゜)

でも

表情からは何も伺えない

いつもの事だけど

ドキドキする

自分ではどうしようもない事だけど

ドキドキする

(-_-;)

その薄暗い部屋の中で

昨年11月に天に帰った

トリネガの友の事を思い出した

彼女が超音波検査で

横たわっていた時

どんなに心細かったか

どんなに怖かったことか

思い出したら

涙が出てきた

( ;∀;)

その時彼女は

入院中だったけれど

やりきれない不安な思いを

私に伝えるため

電話をしてきてくれた

(T_T)

国立がんセンター東病院では

2人の技師の方が

検査をしてくれる

見逃しミスをなくすためだそうだ

(-_-)/

担当してくれた2人の技師は

気になるポチンを伝えると

念入りに画像を撮ってくれた

そして昨日

結果が伝えられた

(‘Д’)

米粒ポチンは

主治医曰く

「何だかわからないけれど癌ではない」

がん専門病院だから

がんでなければそれ以上は調べない

なので

問題なし!

(‘ω’)ノ

「2年3か月クリアしましたね」

主治医からそう伝えられた

本当に有り難い

(´ー`)

先に逝った彼女達の分も

頑張って生きなきゃね!

なにせ私は

トリネガ予後良し会会長ですから!

( `ー´)ノ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m


50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。