命を与えられた意味

昨日は

恵比寿にある

シアター・アルファ東京にて

シアターRAKUという

シニア劇団の劇を観に行った

(*^^*)

なんと

劇団員の平均年齢は68歳

最高年齢は

77歳だそうだ

それぞれの職業は様々で

コックさんや教師や主婦だったり・・・

( ゚Д゚)

そして

劇団員のメンバーには

このブログから繋がった

がん友が活躍している

(^ω^)

彼女は2009年に入団

それまで

演劇の経験は一切なく

人前に立つなど

恥ずかしくて出来ない

と思っていたそうだが

シニア劇団の草分けと聞いて

シアターRAKUの公演を

興味本位で観に行ったら

とても感激をして

入団を決意したそうだ

(´ー`)

ところが

2010年に乳がんが発覚

ステージ3Aと診断され

半年間の抗がん剤治療の後

左胸全摘手術をし

その後10年間

ホルモン剤を服用

(-ω-)/

乳がんの宣告を受けた時は

目の前の全ての色が変わり

仕事も演劇も辞めて家に引きこもり

治療で変わっていく

自分の姿に落胆し

今現在の治療の事だけを

考える日々を送っていたらしい

( 一一)

そんな時に

仲間達の公演があり

抗がん剤で抜けた髪に

ヘアキャップをして観に行ったら

演出家で指導してくれている

流山児祥さんが

「痩せて綺麗になったな。尼さんの役があったら出ろよ」

そう明るく言ってくれて

このままの自分でいいんだ

そう思えたそうだ

(”ω”)ノ

彼女にとって演劇は

自分が

輝いていられる場所 ✨

以前

同じ乳がんの方が

彼女の舞台を観に来た事があり

「輝いているあなたが力をくれた」

そのように

言ってくれたそうだ

(^-^)

残念ながら

その方は再発をして

天に召されてしまったが

彼女の言葉を時々思い出し

自分が命を与えられた意味は

舞台で生き生きと

輝く姿でいる事だと思ったそうだ

(‘ω’)ノ

うん

そのとおり!

私も彼女から

力強いパワーをもらった

( `ー´)ノ

彼女だけでなく

劇団員一人一人の

パワーが凄い!

自分よりも年上の方々が

こんなにも楽しそうに輝いて

人生を謳歌している姿に

感動をもらった

(*^-^*)

ストーリはね

シェイクスピアの

「から騒ぎ」を日本版にしたコメディー

でも

単なるコメディーだけでなく

その裏に

しっかりとメッセージもあり

見事なお芝居でした

(*´▽`*)

現在治療している方や

治療を終えた

がんサバイバーの方に

彼女から

メッセージをもらったよ

(^o^)/

人生いろいろ、生きている限り全ての人に試練は訪れます。でも、その暗闇に溺れるよりも、笑い飛ばして楽しく明るく、
ほんの少しの光に向かって手を伸ばせば、必ず、手を掴んで引っ張り出してくれる人がいる。
引っ張り出しくれる出会いがある。そう信じて、前へ進みましょう。
私もそうしていきたいです。

7月3日までの公演ですが、
どうぞ恵比寿までお越しください。
感染対策上配慮された新しい劇場です。
お待ちしています。

という事で

私もがんばろっと!

!(^^)!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m


50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。