癌より怖いコロナ

緊急事態宣言も解除となり

コロナ感染者数が

少しずつ減ってきたが

先日がん友が

コロナに感染していた

と打ち明けてくれた

( ゚Д゚)

感染したのは5月

ゴールデンウイーク後の事

最初に社会人の息子が発熱

コロナ陽性が判明した

(;’∀’)

そして

家族の検査をしたら

友人が陽性

他の家族は陰性

友人と息子はホテルでの隔離

となった

(-ω-)/

先に息子がホテルに隔離

市が用意した

コロナ患者を運ぶタクシーに

乘って行った

友人はその数日後に

自分の車でホテルへ 🚙

ホテルでの隔離生活は

誰とも会話することなく

患者とスタッフの間には

常に仕切りがあり

自分が

バイ菌になったような気持ち

になったそうだ

(=_=)

食事は

館内放送が流れてから

各自で取りに行く

病院の食事とは違い

ずっしり入ったドカ弁

(^_^;)

唯一

部屋を出る機会だが

患者同士は

誰も目を合わそうとせず

コソコソと取りに行く感じ

親子で来ていた人だけが

楽しそうに

会話をしていたそうだ

( ̄д ̄)

体調管理は自分自身

熱や酸素飽和度や体調を

電話で伝える 📞

最初のうちは

熱や鼻水や咳もなく

何の症状もなかったらしい

ところが

隔離から4日めになり

酸素飽和度が下がり始めた

不安で訴えたが特に何もされず

90となってようやく

病院へ転送された

( ;∀;)

でも有り難い事に

自分が

癌治療で通っていた病院に

移されたので

知っている看護師さんや先生もいて

防護服装備だけど

ようやく人の手に触れられた

感じがしたそうだ

(”ω”)ノ

友人はその後回復し

10日後に

家に戻る事ができた 🏠

ところが

それからしばらくして

知り合いの50代のご夫婦が

コロナに感染し

ご主人が亡くなった

と聞いたそうだ

自分が入院していた頃と同じ時期

(゜o゜)

ご主人は

糖尿病の疾患があった

友人もいくつかの

疾患を抱えていたので

とても他人事では思えず

ショックだったと言っていた

(-_-;)

自分が癌を告げられた時

死を意識したけれど

コロナの方がもっと身近に

死を感じたそうだ

(ーー゛)

もしも

感染した時期が

第5波のピーク時だったら

対応もすべて

遅れていたかもしれない

そう思うと

恐ろしくなると言っていた

(>_<)

ようやく世間は

落ち着きを取り戻しつつあるが

第6波も懸念されている

コロナがインフルエンザのように

単なる流行り風邪

となる時代が

早く来ますように✨

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です