いかに生きるか

昨日

ママ友劇団メンバーに

私が会ってきた仲間の事を

LINEで打ち明けた

彼女の同意もあってね

(-ω-)/

彼女は仕事をフルに始めて

劇団から抜けてみんなとは

疎遠になってしまったけれど

また身近に感じる事ができて

嬉しいと言っていた

(*^^*)

ホントは

伝えようかどうしようか

迷ったんだけれど

病気になっても自分は自分だから、何も隠さないし、ありままを伝えていいよ 」

彼女はそう言っていた

(^-^)

「がん」

と宣告されると

自分だけ別の所に

飛ばされてしまったような感覚になる

自分は変わらずここにいるのに

私も自分の病気を伝えた時

仲間が遠く感じた (◞‸◟)

でも

告げられた方は動揺するよね

自分の事ではないから

余計不安に感じるよね

いろんな考えが巡って

受け止めきれない思いもあるよね

(-_-)

だけどこれは

特別な事ではなく

誰にでも起こる事

命には限りがあるから

( 一一)

病気でない時は

生きている事が当たり前の事で

この時が

永遠ではないという事を

つい忘れてしまう

私もそうだった (ーー)

病を得てその事に気が付く

誰でも死と隣り合わせに

生きているんだという事

|д゚)

がん患者はね

ある意味選ばれしき者

人生のゴールを見ながら

やるべき事をする猶予時間を

もらえている

(‘ω’)ノ

突然死の場合は

やりたい事も最後の準備も

何もできずに終わってしまう

私は

それは嫌だ ( ;∀;)

樋野先生が講演でよく仰る言葉

「がんで死ぬのと、ボケて死ぬのとどちらがいい? ボケは周りに迷惑かけるけど、癌は迷惑かけないよ」

私は迷わず癌を選ぶな

( `ー´)ノ

どんなにあがいても

人間の寿命は100歳

2020年の日本人の平均寿命は

女性が87.74歳

男性が81.64歳

私はもう既に

半分は超えている 

(; ̄ェ ̄)

先の事はわからない

病気の人もそうでない人も

みんな同じ

たとえ

余命宣告されたとしても

それはあくまでも

統計的な事であって

本当の命の時間は

誰にもわからない 

( ̄д ̄)

私はね

昨日彼女と話をしていて

自分が先に癌になったのは

彼女の気持ちを

受け取る役割があったからだ

と思った

(*´꒳`*)

それはね

一緒になって不安がる

とかではなく

「いかに生きるか」

という事を

一緒に考えるという事

(^ω^)

このブログを通して

繋がった仲間達も同じ

覚悟をもって生きる姿から

今はまだ

気づいていない方にも

伝える役割が私達にはあるんだ

と思っている

( ̄^ ̄)ゞ

今ね

ようやく

自分の人生を歩いている

そんな気持ちになれた

今までの自分は

この時のためにあったのだと

╰(*´︶`*)╯

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です