ドキュメンタリー映画

うちはまだ

テレビが見られない状態

だけどね

NetflixやAmazon Primeは

見られる

(‘ω’)ノ

だから最近は

映画や韓国ドラマを

よく見ている

その中でね

心が動かされた映画があったので

ご紹介 (^ω^)

「THE C WORD」

邦題では

「がんを恐れず生きる」

という

ドキュメンタリー映画 🎥

これは

脳に腫瘍を持つ

フランスの医師

シュレベール博士が

現代の医学に

疑問を投じることによって

生まれた作品

(-ω-)/

シュレベール医師は

余命数ヶ月と宣告されながら

生活習慣の改善と

その効果について研究をし

その内容の周知に伝える活動を

20年続けた (゜o゜)

彼のその様子に感銘を受け

自分も乳がんを経験された

メーガンL.オハラ が

制作し監督をした

朗読は

私の大好きな俳優

モーガンフリーマン

(*^^*)

シュレベール医師が

自ら学び研究した事

それは

現代の医学は

がんを治療するばかりで

がんに打ち勝つための

体づくりは

無視しているという事 ( ̄д ̄)

人の体には

もともと

「がん」細胞がある

でも

みんながみんな「がん」

になるわけではない

それはなぜか?

悪い食習慣や

ストレスのかかる環境によって

腫瘍が

大きくなってしまう

(ーー゛)

がんは予防できる

そのためには

  • 食事
  • 運動
  • ストレス管理
  • 有害物質を避ける

これらの事が大事

( `ー´)ノ

それに加えて

もう一つ大事な事は

他者とのつながり

他者とのつながりによって

最後の瞬間まで力が得られる

(-“-)

このように

シュレベール医師は

がんのメカニズムを解きながら

がんを育てない

たとえがんになっても成長させない

がん治療に効果的な体質にする

生活術を広めていった

(^-^)

残念ながら

シュレベール医師のがんは

再発してしまったのだが

余命宣告から

20年も生き延びた

そして

再発が分かった時に彼が言った言葉は

「使命は果たした」

(”ω”)ノ

忙しい講演活動が

自分の命を縮める結果

となるとわかっていても

それを行う事が

自分の使命

と思っていたようだ

(-_-)

そして

彼が行った事は

それ以降の医学界にも

大きな変化をもたらせたそうだ

( ゚Д゚)

また

映画には製作者の

メーガンL.オハラも出演し

自分が乳がんと向き合った

体験談や

妹が同じく乳がんとなり

気持ちを乗り越えていった様子も

紹介している

(‘_’)

いろんな意味で

力を得られた映画だった

よかったらぜひ

ご覧ください

(*^▽^*)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です