突然の訃報

ブログをお休みすると言ったのに

昨日も今日も

心が動揺する出来事があったので

記事を書く事にした

(-ω-)/

昨日は

以前地元のイベントで

ご一緒させて頂いた方が

子宮頸がんのステージ4だと聞いた

LINEで繋がっていたので

すぐにLINEを送った ✉

彼女は私と同年代

2年前に不正出血があり

子宮頸がんと診断

気が付いた時には尿管に浸潤していて

手術不可能な状態

抗がん剤を使ったが

39度の高熱と全身蕁麻疹

が続いたので調べてみたら

金属アレルギーとわかった

抗がん剤に入っている

プラチナ剤にアレルギー反応を

起こしてしまうらしい

(-_-;)

使える薬が見つからず

放射線治療のみ行っているが

現在は肺と脊髄にも転移が見られ

神経を圧迫するので

毎日痛み止めを投与

遺伝子検査も受け

8種類の異常

が認められたけれど

現在使える薬がないとの事

(;’∀’)

どんなに辛い思いをされているのか

LINEでのやりとりで伺える

とにかく祈る!

それしか私にはできないが・・・

(-_-)

そして今日

時々ランチを食べに行っていた

カフェのオーナーが

7月7日に亡くなったと聞いた

1ヶ月前にお店に行って会話をしたのに…

胃がんだったらしい

まだ40代の女性

(>_<)

今年の1月に

体調を崩して病院に行ったら

既にあちこちに転移をしてたらしい

治療をしながら店に出ていたそうだが

先月の28日まで仕事をし

体調が悪くなり入院

そのまま戻ってくることはなかった

( ゚Д゚)

話を聞いた後

すぐ近くだったので

店の前に行ってみた

ご家族の方や友人達が

中でお別れの式を

していたようだった

(-“-)

扉が開いたので覗いてみたら

ご家族の方が招き入れてくれた

彼女の笑顔の写真の前に

お線香をあげさせてもらった

どんなに悔しかったか

まだまだやりたい事あったよね

(◞‸◟)

先月は店の10周年だった

なので

10周年記念ランチ

を販売していた

私が行った時は

もう完売してしまったので

「また来ますね」

そう声をかけたのに

こんな形で店にくるとは・・・

涙が止まらなかった

(T_T)

親しいわけではなかったけど

気さくなオーナーで

初めて店に行った時

「店でいろんなイベントをやりたい」

と語ってくれた

そして2年前に店を新しくし

2階にイベントができる

スペースを作っていた

どうか彼女の魂が

安らかでありますように ♰

私がね

ブログを休止して

やりたい事のひとつに思っていたのは

私が住んでいる市で

がん哲学外来カフェ

を広めたいと思ったの

( `ー´)ノ

昨日はそのイベントの

会場を貸してほしいと

以前から知り合いのホールの館長に

協力を頼みに行った

その時に

子宮頸がんの彼女の話を聞いた

共通の知人だったとは知らず

びっくり! (゜o゜)

そして今日も

そのイベントを手伝ってほしくて

以前別のイベントでご一緒した方に

協力のお願いをしに行った

そしたら

カフェのオーナーの話を聞いた

(‘ω’)ノ

協力をお願いした二人とも

私と繋がっている方ともご縁があり

私が頼みに行ったタイミングで

彼女達の話を聞いた

これは単なる偶然ではなく

引き寄せる運命を感じたね

そして協力者の方も

それを感じ

「できる限り協力する」

と言ってくれた

(゜-゜)

この流れは何?

やっぱり私の使命?

「解決はできなくても解消はできる」

必要な方に

解消する場が与えられますように✨

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です