手足のしびれ副作用改善

パクリタキセル

ドセタキセルなど

副作用に手足のしびれが出る

抗がん剤がある

(-ω-)/

これを改善するには

治療をする時に

手足を冷やすといいと言われ

一部の病院では

冷却グループなどを

貸し出してくれている所もあるが

京大医学部付属病院では

この症状を軽減すべく

「弾性圧迫グローブ・ストッキング」

を開発したそうだ

(‘ω’)ノ

これは

圧迫によって手足の体温を下げ

血流量を減らすことで

抗がん剤が行き渡るのを

抑える仕組みとなっていて

専用の手袋とストッキングを

抗がん剤の投与中と前後の30分間

身に着けるだけでいいらしい

( ゚Д゚)

京大医学部付属病院は

これまでに サイズの小さい

手術用のゴム手袋を着用し

しびれを発症する患者が

約5分の1に減ることを

確認した

( `ー´)ノ

京大医学部付属病院の

研究チームは

2028年の実用化を目指し

乳がん患者480人を対象に

「弾性圧迫グローブ・ストッキング」

臨床研究を開始した

(^ω^)

(参考HP) 毎日新聞
https://www.google.co.jp/amp/s/mainichi.jp/articles/20210714/k00/00m/040/117000c.amp

手袋を身に着けるだけで

しびれを予防し

しびれが出た患者は

悪化を抑えられる

(*^^*)

これが実用化となれば

冷やすための氷や冷却シートを

持参したりせずにすむ

そして何より

手足のしびれで悩む人も

少なくなるのは嬉しいね (^o^)/

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

4 Thoughts on “弾性圧迫グローブ”

  • 私は小さい手袋してましたよ。
    足の方は3時間かかるということで諦めましたが。
    今頃から臨床実験なんて驚きです。
    ちなみに手足の痺れはまだあります。
    それでも少しは軽減されてたのかな?

  • この臨床研究に参加したかったなぁ。特に生活に支障はないですが、地味に足のしびれが続いています。商売道具の手にしびれが無いだけマシですが。

  • むうまさんも手袋していたのですね?
    私の時は、冷却法も手袋も何も知らなかったから、何もしなかった😆
    こうやって日に日に情報が更新されていくのですね。

  • ふわりさんも手が商売道具でしたか…😅
    しびれは私も未だに時々あります。
    でもこれはドセタキセルのせいか、ゼローダのせいかわからない。生活に支障が出る程ではないのですが…
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です