がん哲学外来

千葉県柏市にある

地域医療センターでは

月に1回 予約制で3組

がん哲学外来の樋野興夫先生

との個人面談を行っている

(-ω-)/

今日は

がん友が申し込みをし

私はお手伝いとして携わっていたので

一緒に部屋に入れてもらった

(^ω^)

部屋に入ると

柔かな笑顔の

樋野先生が迎えてくださり

テーブルに樋野先生の

言葉の処方箋の本が開かれ

ペットボトルのお茶と

お菓子が用意されていた

(*^-^*)

がん友が話を始めると

先生は椅子にもたれかけて

リラックスしたいつものポーズで

優しくうなづき

聞いていた

そしてその後

言葉の処方箋が伝えられる

(‘ω’)ノ

  • 自分の事について考えるのは1日1時間でいい。
  • 1時間真剣に悩むと外に出たくなる。
  • 良い師との出会い、良い仲間との出会い、良い本との出会い、中でも本は裏切らない。いつでも読める。
  • 自己放棄すると人の為にできる。
  • 必ずその人しかできないものが見つかる
  • 犬のおまわりさんになって困っている人と一緒に泣く。
  • 正論より配慮。相手が間違っていても寄り添う心。
  • 人間は自分の意志で自分の道を選ぶ。
  • 人間は自分の命に気が付かない生物。最後の5年が勝負
  • 1年くらいかけて自分の使命を見つける
  • 本物はゴミ箱の中にある

会話の中にこのような

言葉の処方箋を混ぜながら

話をされた

(*^^*)

そして

先生と話をしていたがん友は

忘れていた自分の夢を思い出した

それはね

富士山に登る事

彼女の中では

頂上まで登るのが登山

と思っていたけど

「途中から1時間くらい登ればいいじゃない」

と先生に言われ

「それでいいんだ」

という気持ちになったそうだ

( ゚Д゚)

また

読書好きだった彼女は

最近本を読んでいない事に

気が付かされ

面談が終わった後

すぐに本屋に行ったそうだ

(^_^;)

最初はちょっと

緊張気味だった彼女の顔が

時々涙を流したりしながらも

最後には笑顔に変わったよ

言葉の処方箋が

みるみる効いていく瞬間を

見せていただけた

(*´Д`)

言葉ってすごいね

樋野先生が話をすると

更にパワーが増す

( `ー´)ノ

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい[本/雑誌] / 樋野興夫/著楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です