花野井メディカルカフェ

昨日

念願のメディカルカフェを

ZOOMにて開催した

スタッフを含め18名の参加

ほんの数人で

ひっそりと開催かな

と思っていたが

予想以上の人数が集まり感謝!

ヽ(^o^)丿

まず最初に

カフェの説明

スタッフ紹介

そして軽く体をストレッチし

緊張をほぐした後

樋野先生の本から一節を朗読

(-ω-)/

「ほっとけ 気にするな」

本当に大事になことは多くはありません。
ほとんどの事はどうでもいいことです。
命にかかわることはもちろん大事な事ですが、
がんが再発するかもしれない、
余命はどのくらいだろう、
子どもの将来の生活は・・・、
とまだ起こってもいないことまで心配する必要はないのです。
起こったら起こったときです。
過去の事も未来の事も、ひとまずおいて、今を生きましょう。

出典「人生を変える言葉の処方箋」より
いのちのことば社 樋野興夫

その後

2グループに分かれて

分かち合いの時を持った

(^ω^)

私の担当グループでは

隣り合わせにある生と死について

それぞれの体験や気持ちを

話し合ったよ (*^^*)

病気がわかってから

しばらく落ち込んでいた

という方や

とことん落ち込んだら

死より生に気持ちを

切り替える事ができたという方

それから

自分が病に

どのように向かっていったか

子ども達に残したいという方や

自分の事で頭が一杯になってしまうけれど

他に目を向ける事で

乗り越えられたという方もいた

へこたれる時はへこたれたっていい

大変だけど生きていこうよ

という先輩がんサバイバーの言葉も

心強かった ( `ー´)ノ

また

闘病者ではないが

話を聞く事で

自分の生き方を見つめなおす

機会になったという方や

自分もがんカフェを開きたい

と思っているという方も

参加してくれた (*´ω`*)

もう一つのグループでは

関西方面の方や

以前住んでいた方もいて

関西弁トークで

和やかな雰囲気だったそうだ

そして

おちょやんのドラマの中の台詞

「生きるっちゅうのは、ほんまにしんどうて、おもろいなぁ」

の言葉に共感した

という話で盛り上がり

それぞれの体験を交えて

話が広がった

(*^▽^*)

そんな

和やかな雰囲気だったので

他の方の話だけ伺うつもりで参加したが

自分の事もつい話してしまい

気持ちがスッキリできた

という方もいた (^_^;)

同じ闘病者同士だから

気持ちが分かり合える

心の内を

吐き出す事ができる

それが

がん哲学外来カフェの役割

(‘ω’)ノ

本来のがん哲学外来カフェは

対面でお茶を飲みながら

心の様子をリアルに感じながら

進めていくけれど

ZOOMだからこそ

遠方の方とも繋がる事ができるという

ZOOMならではの良さも

発見する事ができた

(*´Д`)

本当はね

今回のZOOM開催は

スタッフにとっても慣れていないので

ドキドキの連発だったのよ~

でもね

ちゃんとグループ分けもできたし

何より

参加した方々が温かく見守って下さり

豊かな時となる事ができた

参加して下さった皆様

ありがとう! m(__)m

今後も

月1回第3土曜日14時から

開催していきますよー

参加して下さる皆様と一緒に

花野井メディカルカフェを

育てていきたいと思っています

また宣伝しますので

宜しく! (^o^)/

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

日めくり人生を変える言葉の処方箋 (Forest・Books) [ 樋野興夫 ]楽天で購入
50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です