泣いてストレス解消

昨日は

涙によって乳がん検診ができる

とブログに書いたが

涙はストレス解消にもなるらしい

( ゚Д゚)

感情によって涙が流れると

脳から分泌されるホルモンの

「プロラクチン」

副腎皮質刺激ホルモンの

「ACTH」

副腎皮質ホルモンの

「コルチゾール」

といったストレス物質も

涙と一緒に体外に流れ出るそうだ

(‘ω’)ノ

つまり

感情がたかぶって流れる涙には

ストレスの原因になる物質を

排出する重要な役割があるらしい

(^ω^)

また涙には

ストレスによって生じる苦痛を

やわらげる脳内モルヒネ

「エンドルフィン」

に似た物質も含まれているそうだ

(-ω-)/

でも

目にゴミが入ったりして

涙が出ても

ストレス物質は流れない

悲しいときや悔しいときに

思いっきり泣くと

ストレス物質を排出し

苦痛を緩和することができる

(^-^)

また

悲しいシーンを見て泣けてくるのは

自分に類似した

体験や記憶と重ねている

から泣けてくるらしい

こうした人ほど

涙のカタルシス効果が高く

泣くことがストレス解消

になるのだそうだ

(´・ω・`)

(参考HP) Yomeishu
https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/130226/index.html

と言う事で

このところ毎晩

アマゾンプライムで

映画を見ているので

病気になってから避けていた

がん患者の映画を見てみた 📺

ひとつは

私の中のあなた

2009年のアメリカの映画

主演は母親役にキャメロン・ディアス

アナ役にアビゲイル・ブレスリン

監督はニック・カサベテス

ストーリーは

白血病の姉ケイトを救うために

ドナーとして作られて産まれた11歳の妹

アナはある日突然

「自分の体のことは自分で決める」

と臓器提供を強いる両親を相手に

訴訟を起こすがその裏には

ある思いが隠されていた (-_-)

それ以上言うとネタバレになるので

ここまで ✋

でもね

その思いに涙涙涙

止まらなかったよ

自分の人生の結末

を考えさせられた作品

アマゾンプライムで

星4.5のお勧め映画です

(^o^)/

もう一つは

あなたのママになるために

2015年制作のスペイン映画

監督はフリオ・メデム

主演・制作はペネロペ・クルス

乳がんを宣告された

主人公のマグダと

家族との愛を描いている

母として女性としてどう生きるか

について考えさせられた

(´・ω・)?

私と同じ乳がん

最初はステージ3との診断

抗がん剤治療により髪が抜け

潔く髪を自分で刈り上げたり

治療が終わり

徐々に髪の毛が生えてきて

脱ウイッグするあたりなど

共感できる部分があり

彼女の最後の決断に

力強さを感じた

( `ー´)ノ

初めに乳がんと診断された時

医師のフリアンが

化学療法を始める彼女に

「これから経験することは、きっと君の糧になる」

というセリフがあった

このセリフが私の心に響いた

まさにその通り!

私の人生も病気を得て

その経験が人生の糧となっている

(*´Д`)

いろんな事に共感できる

映画だったけど

ひとつ気になったのは

主治医のフリアンが

マグダの胸のしこりを探っている手が

ちょっとねえ~ (^_^;)

という感じだった

他にも う~ん?

と思う点があったが

そこはお国が違うからかな?

陽気なスペイン人だからかな?

そのせいか

アマゾンプライムでは

星3.5の評価だった (;’∀’)

泣きの映画を見たせいか

気持ちがすっきりしたよ

自分の未来も考えさせられた

1年前だったら

見られないと思っていたストーリーだが

今なら見られる

ちょっと成長したかな?

(;^ω^)

ストレス溜まっている方

ぜひ

泣ける映画をご覧ください

(*^▽^*)

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

【日本語説明書付き】パルスオキシメーター 血中酸素濃度計 SPO2 測定器 脈拍計 酸素飽和度 心拍計 指脈拍 指先 酸素濃度計 高性能楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

2 Thoughts on “涙の効果”

  • AKO隊長お疲れさまです。
    私も今日、「僕の生きる道」というドラマについてブログに記載したところです。
    僕の生きる道は、ある生物の高校教師が健康診断により胃がんで余命1年を宣告されたことを機に、かわっていく、彼(教師)の生きざまを描いたドラマです。
    以前このドラマを観たときは、泣けました。
    そして、乳がんと告知された現在、もう一度このドラマをずっと観たいと思っています。
    現在ならば、私はこのドラマをどう捉えて観るのかなぁ…なんて思っています。

  • なななつさん、コメントありがとう(^ω^)
    病気になってから、癌患者やのドラマや映画を観るのは避けていましたが、
    今なら私も観れる!という気持ちでいます。
    病気になったからこそ、共感できたり、違うよな~と思えたり様々ですが、
    ようやく落ち着いて自分の生き方を見つめられるようになりました。
    「僕の生きる道」再放送があったら観てみますね。(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です