2つの狭間の世界

私が

乳がんと告知された時

今までいた世界から

違う世界へ

1人ポツンと

置かれたような気持ちになった

( 一一)

最初は真っ暗闇で

何も見えなかった

でもある時

私の肩を

ポンポンと叩く人がいた

(゜-゜)

「私も同じだよ」

そう言って優しく

私の肩をポンポンと叩いた

辺りを見渡すと

同じように

ポツンと置かれた人がいて

先に来ていた人が寄り添っていた

(^-^)

1人じゃない!

それに気が付いたら

辛い治療も乗り越えられた

そしていつか

こっち側からあっち側へ

戻る事を願っていた

( ̄д ̄)

今は

治療が全て終わり

経過観察期間となり

完治となるまでの間は

こっち側とあっち側の

狭間にいるような気分

(-ω-)/

あっち側の世界は

私が告知を受ける前と何も変わらず

時は動いていた

あたり前の生活が

あたりまえでない事に気が付かず

様々な生活の中で

悩みや不満を抱えている

でも私の気持ちは

今までとは違う

( ゚Д゚)

こっち側の世界では

治療がうまくいかず

向こう側に

行ってしまった人もいる

辛い別れを通して

生きている事が当たり前ではないと

しみじみ思った

(-_-)/

こっち側を知らずに

あっち側にいた時は

自分の命は

まだまだ先まであると思っていた

だから今はできなくても

後でやればいいと思っていた

(‘ω’)ノ

でも今は

時間は限りあるものだから

やりたい事は

後回しにせずにやるべき

そう思っている

(゚Д゚)ノ

狭間にいる人達はね

やるべき事を

やる時間をもらっている

だから何もせずに過ごしていると

「忘れているよ」

思い出させる出来事が

やってくるかも・・・

そんな風に思ってしまう

“(-“”-)”

命は自分だけのものではなく

何かをやるために

与えてもらっているもの

病気になった事で

その事に気が付いた

(´-ω-`)

だから私は

神様に

「これをやりまーす」

と手をあげて

自分のやるべき事をやっている

それが本当に私の使命なら

やりとげる時間を下さるはずだから

( `ー´)ノ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m


50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。