遺伝子検査

医療は

日進月歩というが

10年前ではできなかった治療が

可能となっている

(^ω^)

最近注目されている

がんゲノム医療とは

遺伝子を解析して

自分の病気に効く薬を

見つけるというもの

(-ω-)/

先日

ネットのニュースで

その事を取り上げているのを

目にした 👀

(参考HP  AERA dot.)
https://dot.asahi.com/dot/2022050300012.html?page=1

これまでのがん治療というのは

がんのできる部位によって

それぞれに効く薬で

治療を行ってきた

しかし最近では

臓器がちがっても

『Xという遺伝子に変異があるがんには、xという分子標的薬が効く』

という具合に

遺伝子変異を明らかにして

それに基づいて

治療ができるようになったそうだ

( ゚Д゚)

その遺伝子を調べる

がん遺伝子パネル検査は

2019年に保険が適用となった

しかし

保険適応となるのは

標準治療を終了した患者で

厚生労働省が指定する病院

と対象が限られていている

(‘ω’)ノ

だが

がん遺伝子パネル検査を受けても

自分のがんに合う薬の使用に結びつく人は

全体の10%程度なのだそうだ

検査を受けたからといって

すべての人に最適な治療が見つかるとは

限らないのが

現状らしい

(´-ω-`)

実際に

私の周りでも

遺伝子検査を受けた方が何人かいる

だけど残念ながら

合う治療が見つかった

という話を

聞いたことがなかった

( ̄д ̄)

ところが先日

遺伝子検査により

合う薬が見つかった

という話を聞いた

その方は肺がんを患っている方で

最近治療を始められて

うまくいっている様子

嬉しいよね

(^-^)

どうかこのまま治療が

うまくいきますように

まだ治療が見つかっていない方にも

よい治療がみつかりますように ✨

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m


50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。