がん温熱治療

友人が受けている治療

ハイパーサーミアとは

どんな治療法なのか

気になったので

調べてみた

(-ω-)/

ハイパーサーミア装置は

京都大学の菅原努名誉教授と

機械メーカーである

山本ビニターとの

共同で開発された

がん温熱治療装置

1984年に

がん温熱治療用の医療機器として

厚生省の認可を受けた

(‘ω’)

人間の細胞は

42.5℃以上に温度が上がると

死んでしまうらしい

がん細胞は正常な組織より

熱が溜まり易く

熱に対して弱い性質があるそうだ

温熱療法は

この原理を利用して

がん細胞の温度だけを

選択的に上昇させて

がんを死滅させてしまおうと

考案された治療法

( ゚Д゚)

MRIやCTのような機械に入り

体の表面から

二極の電極盤ではさみ

その間に

8MHzの高周波を通すことで

がんの局所の温度を

上昇させるそうだ

(゜_゜)

体の表面の温度が

先に上昇すると

低温やけどの原因となるので

体表を冷やすために

体に接する電極

または循環液に

5℃の冷却水を流し

体の中心部分の温度を

より高める工夫がされている

(゜o゜)

ハイパーサーミア

(千葉県がんセンター HPより)

(参考HP)千葉県がんセンター
https://www.pref.chiba.lg.jp/gan/shinryoka/haipasamia.html

友人曰く

がん細胞を

レンチンして焼き殺す

装置だそうだ

(^ω^)

1回の治療時間は

およそ40-60分間

治療の頻度は

週1回から月1回

治療によって異なる

(‘_’)

ハイパーサーミアだけで

がんが根治できるのは

稀と考えられていて

一般的には

放射線治療や抗癌剤治療

と組み合わせて

治療を行う (・ω・)

1990年4月より

保険適用となったが

部位や治療法によっては異なるので

確認が必要 (”ω”)ノ

そしてこの治療は

どこの病院でも

受けられる治療でなく

受けられる病院は

限られている ( ;∀;)

(参考HP) 一般社団法人日本ハイパーサーミア学会 
http://www.taishitsu.or.jp/hyperthermia/hyp5.html

千葉県の病院では

2020年10月28日より

千葉県がんセンター新病院にて

治療が開始となった

(*^^*)

現在の治療枠は

月曜日と金曜日は

1日3件

火曜日から木曜日は

1日5件

しかない

( 一一)

彼女は

主治医に

「この治療を受けたい」

と相談したら

主治医は

快く承諾してくれて

「紹介状を書くよ」

と言ってくれたそうだ

その流れが敏速 (*´▽`*)

8/13 主治医に相談、病院のがん相談支援センターに繋ぎ、初回の診察を取り付けた。

8/17 主治医の紹介状を受け取りに病院に行き、がん相談センターにて細かい段取りを教えてもらう。

8/18 千葉県がんセンターのハイパーサーミア科を尋ねるが、治療の枠が空いていないという事で治療の約束をしてもらえなかった。

8/20 主治医に報告し、無念な思いをぼやいてみた。

8/24 自宅に千葉県がんセンターから電話があり、枠が1件空くので治療をうけてみないかとの事。その場で即答しお願いをし9月から治療開始となった。

ハイパーサーミア治療の日は

現病院で

抗がん剤を受けてから

行くらしい

(^-^)

効き目大を祈る!

がん細胞レンチンして

根こそぎやっつけちゃえ!

( `ー´)ノ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です