脳転移となった隊員

以前のブログに書いた

医者の診断ミスにより

骨転移から脳転移となってしまった

隊員の事 ( ̄д ̄)

ドセタキセルの治療が終わり

むくみが酷く出てしまい

尿も排泄困難となってしまった為

11月末に

腎不全となり緊急入院となった

(>_<)

当初は1週間の入院予定

でもむくみは良くならず

主治医に聞いても

よくある副作用としか

説明をしてくれなかったらしい

(◞‸◟)

彼女はこの主治医と最初から

コミュニケーションが

上手く取れず

転院を希望していた

そしてようやく

転院の受け入れ先が決まり

抗がん剤治療が終わってから

12月22日の手術予定から

転院ができると喜んでいた

(^ω^)

腎不全となって入院したのは

コミュニケーションが

上手くいかない主治医がいる病院

そして

むくみが改善されない状態のまま

手術前のCT検査をしたら

骨転移の疑いがあり

詳しく検査をする事になった

(-_-;)

主治医から

CT画像を見て説明された時の様子を

LINEで送ってくれた

トリネガは

抗がん剤治療が効くと言うが

効かないタイプもあるという

ほんの何パーセントだけど・・・

私はドセタキセルにより

大きくなった気がして

主治医に伝えたら

エコー検査をしてもらえた

数ミリだけど大きくなっているので

4回目のドセタキセルを止めて

手術となった

( ゚Д゚)

私が通っている病院では

治療の判断をする時は

外科や内科や他の医師達も

確認して決める

でも

彼女の通っていた病院では

医師のチームによって

診断を判断してはいないらしい

(ー_ー)

主治医も認めた見逃しミス

検査の結果

骨転移確定

となってしまった

いきなりステージ4

そうなると

手術はしても意味がない

転院予定だった病院から

引き受けを拒否されたらしい

(゜o゜)

その後

一旦退院はしたものの

吐き気とめまいに襲われ

再び入院

脳のMRIの結果

脳転移も見つかり

脳浮腫の状態となってしまった

でも

彼女は逞しかった

( `ー´)ノ

彼女は

信頼できない主治医の病院ではなく

転院予定だった病院に

治療を

お願いしたいと思っていた

(。-_-。)

彼女のためにできる事

考えてみた

そして

知り合いの医師を通じて

彼女が住んでいる地域で

ちゃんとした治療ができる病院

を教えてほしいとお願いしてみた

彼女が住んでいる地域に詳しい

医師の方と繋がり

彼女はその方と

電話で話をした 📞

その方のアドバイスによると

まずは今の病院で治療をする事

脳浮腫となってしまった状態では

治療を優先させる事が大事

乳がんよりも

それが死因

ともなりかねない状態だから

まずは一刻も早く治療する事

(‘ω’)ノ

とても暖かい方で安心できた

と彼女はLINEで返事をくれた

脳外科の先生は良さそうな方

なのでそのまま今の病院で

治療を受ける事にすると・・・

(*^ω^*)

翌日

心配している隊員からの

励ましメッセージを送った

「ありがとう」

の返事を最後に

LINEの既読がつかなくなった

(;’∀’)

彼女が返事をくれたのが

12月28日の深夜2時頃

腎不全の入院からほぼ毎日

LINEのやりとりをしていた

脳浮腫がわかってからは

既読になるのが遅れたが

何日も既読ならないのは初めて

数日待ってみたが

既読にならないので

ご家族の方手紙を送った ✉

ご家族の方から返事がきた

彼女はなぜか脳浮腫を改善するための

ステロイド系の薬を

飲んだふりだけして

飲んでいなかったとの事

その為に事体を悪化させてしまい

現在は人工呼吸機に

繋がっている状態だそうだ

(;゚Д゚)

なぜ

薬を飲まなかったのかわからないが

もしかすると

副作用がきつくて飲まない方がよいと

自分で判断したのか

医師を

信頼できなくなった事が原因なのか

それはよくわからないが

頼れる医師が傍にいなかった

という事がこのような結果を

招いてしまったのかもしれない

(_ _)

彼女は私と同じ

トリネガステージ3cだった

彼女は私と同じように

治療ができると思っていた

どこでどう違ってしまったのか・・・

(-_-)

この事を

ブログに書くかどうか悩んだ

でも

彼女と同じように

医師とのコミュニケーション

が上手くとれていない方がいたら

治療は一人ではできない

医師と一緒に取り組んでいく

その事を念頭に入れながら

治療に取り組んでほしいと

伝えたかった

( ̄^ ̄)

今日は彼女の誕生日 

ハッピーバースデー 🎂

辛い誕生日となったけれど

必ず戻ってくる

と信じて祈っているよ

もう少し頑張ってね

一緒に孫を撫でまわす

約束したからね

約束忘れないでね!

にほんブログ

↑ランキングに参加中!ポチッとお願します

こちらもついでにポチッとお願します⇒https://blog.with2.net/link

★当日12時まで注文当日発送★【即納】2個SET【送料無料】【新リニューアル】PITTA MASK 6枚【3枚入×2セット】『日本製』PITTA MASK 6枚【3枚入×2セット】 ピッタマスク各種 & ユニチャーム超快適/超立体マスク各種『日本製』 99%ウイルスカットフィルター採用楽天で購入

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

2 Thoughts on “医者とのコミュニケーション不足”

  • ご無沙汰しています。こんな事実があるなんて、腹正しく残念無念でなりません。医者失格人間失格です。逞しく前向きな方でも常に不安を抱えて過ごされている日常は辛すぎます。そんな中隊長の励ましや繋がりが何よりオアシスであるんだと思います。ご家族には平然を装い頑張っていたんだと思います。どうかご無事で何とか生き延びて素敵なおばあちゃんになれます様に祈っています。

  • みみ隊員コメントありがとう。本当に腹立たしく悔しいけれど、一番悔しい思いをしているのは本人だと思います。
    彼女には小学6年生のお子さんがいるので、まだまだ生きなきゃと言っていました。
    だから必ず戻ってくると信じています。粘り強い方ですから。一緒に祈ってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です