誰にもわからない

昨日

雪かきしたよ

駐車場に雪がいっぱいで

車が出せないから

雪を端っこによせて

よせて

よせて

(´・ω・`)

そしたら

大きな塊になったから

雪だるまを作ってみた

(^o^)/

いい年したおばさんが

夢中になって作っていたら

学校帰りの小学生が眺めていた

ちょっと不格好だけど

なかなか可愛いでしょ

(*^^*)

午後になったら

だいぶ雪も解け

車も出せるようになったから

友の顔を見に行ってきた

一昨日

ご主人が亡くなったと

知らせてくれた友人

(-ω-)/

どんな心細い思いでいるのだろうと

不安で堪らなかったから

何もできないけど

取りあえず行ってみた

(。-_-。)

インターホンを押すと

彼女の同郷の友が来ていた

リビングには白い布団が敷かれ

その上にご主人が横たわっていた

顔には布がかぶされ

映画のワンシーンをみているような

感じだった

でもこれは映画ではなく現実

(;’∀’)

ご主人は亡くなった日

いつものように起きてきて

リビングにあるテレビをつけた

でも

「ちょっと疲れたから」

と横になりながら

見ていたそうだ

( ̄д ̄)

リビングは

彼女の介護ベットが置かれている

隣の部屋

扉は開けていて

様子は伺える

(-“-)

しばらくして

彼女は飲み物がほしいと

ご主人に声をかけた

でも何度も声をかけても

何も反応がないので

おかしいと思って

様子を見に行った

(゜o゜)

彼女は

歩く事もままならない状態だが

這いながら近づいてみた

そしたら

既に息はなく

くちびるが青くなっていた

救急車を呼び

病院に搬送されたが

息を吹き返す事はなかった

(T_T)

誰もが

思ってもみなかったことだった

人の命の終わりは

誰にもわからない

( 一一)

ご主人の顔を拝見させてもらった

本当に眠っているようだった

優しい顔だった

(-_-)

私は彼女の側に行って抱きしめた

言葉にはならず

ただ

抱きしめることしかできなかった

でも彼女は落ち着いていた

起きてしまったことはどうしようもないと

既に覚悟を決めていた

「あなたは強いよ」

私はそんな彼女が誇らしかった

(-ω-)

彼女は

自分が亡くなった後の事を

以前からいろいろ考えていて

私にも頼みたい事を伝えていた

その事をノートに書いたからと

見せてくれた

そして

ご主人が亡くなった事により

やるべきことが増えた

悲しんでいる時間はない

(;一_一)

そんな思いがあるからか

ベットから起き上がるのも

大変だった彼女が

昨日は

ベットから起き上がって座り

私が見ている前で

同郷の友が作ったおかゆを

しっかり残さずに食べた

( `ー´)ノ

ご主人が亡くなってから

食欲が出てきたそうだ

やる事が多くて時間が足りない

そんな思いが伝わってきた

もしかするとご主人は

彼女にやるべき事ができるパワーを

渡してくれたのかもしれない

( ;∀;)

病気で苦しんでいる

彼女の姿を見ていたから

自分は

苦しみたくなかったのかもしれない

仲の良いご夫婦だから

先に逝って

彼女が不安なく逝けるように

待っていてあげたかったのかもしれない

(=_=)

なぜこんなことになってしまったのか

私たちにはわからないが

これもきっと

意味のあること

(”ω”)ノ

人の命の時間はわからない

先の事は誰にもわからない

でも今は生きている

だから

今できる事をせいいっぱいやろうと

そう思った

(-_-)/

葬儀は12日に家族で行うそうだ

ご冥福をお祈りします ♰

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑ ランキング参加中!ポチッとよろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑こちらもぜひ ポチッとお願いします m(__)m

50代♀ 夫1人、子ども4人、猫1匹 大学卒業後、子どもや音楽に関わる仕事をしてきた 子育てもゴールが見えてきた矢先 胸にシコリを発見! トリプルネガティブ乳癌 ステージ3 何とも嫌な響きのこの病気 ポジティブに変換すべき奮闘中!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。